レビュー
» 2009年07月06日 15時44分 UPDATE

「G'zOne CA002」の“ここ”が知りたい:第2回 もっさり感は改善された?――「G'zOne CA002」

カシオ計算機製の「G'zOne CA002」は、同社伝統の「G'zOne」シリーズの最新作。約1年前に登場した「G'zOne W62CA」は、その動作スピードに不満を感じるユーザーが多かっただけに、「どこが進化したのか」についての質問が多く寄せられた。

[青山祐介,ITmedia]
photophoto カシオ計算機製の「G'zOne CA002」。ボディカラーはBLAZE REDとSTONE BLACK

質問:キーの反応速度はどうか

 「G'zOne W62CA」は、カシオ計算機製モデルとしては初の「KCP+」対応機だった。当時はKCP+端末が現行モデルよりも成熟されていないかったこともあり、操作レスポンスが遅く、不満を感じる部分が多かった。「G'zOne CA002」ではキーの反応速度が改良されており、筆者が操作した限りは不満のないレベルになっている印象だった。

W62CA(左)とCA002(右)のレスポンスの違いを比較。W62CAはCA002よりも画面の遷移が遅いことが分かる

(ムービーはこちらからでも参照できます)

メールの作成画面。同じ画面内の動きではほとんど差がないが、画面が変わる瞬間の反応はCA002(右)の方が速い

(ムービーはこちらからでも参照できます)

質問:カメラの画質は向上した?

 CA002はW62CAと同じく、AF(オートフォーカス)対応の有効197万画素CMOSカメラを搭載しており、W62CAとCA002にカメラ機能の違いはない。最近は500万〜1000万画素カメラを搭載する機種が多いことを考えると、2メガピクセルのカメラはスペック面では見劣りする。とはいえ、ケータイだけで楽しむ分には2メガでも十分だろう。

 実際に撮影したところ、W62CAとCA002では画質の差はほとんど見られなかった。

photophoto 左がW62CA、右がCA002で撮影したもの
photophoto 左がW62CA、右がCA002で撮影したもの

質問:撮影時にシャッタータイムラグはある?

 CA002のカメラは、シャッターキー(決定キー)を押すとAFが駆動し、ピントをロックした後にシャッターが切れる。そのため、シャッターキーを押してから実際にシャッターが切れるまでに約2秒超のタイムラグがあった。

 AFは[*]キーからオフにできる。シャッターチャンスを逃さず確実に撮影したければ、オフにした方がいいだろう。

マクロを設定して撮影した場合も、シャッターが切れる前後にピントを合わせ、その後で暗転してシャッターが切れる。この間に約2秒超かかった

(ムービーはこちらからでも参照できます)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.