ニュース
» 2009年09月09日 16時20分 UPDATE

ソフトバンクとディズニー・モバイル、3902回線のメール配信に不具合

ソフトバンクモバイルとディズニー・モバイルが、8月末に発生したメールサービスの不具合に関する情報を明らかにした。送信元メールアドレスが、本来の発信者と異なるものになったり、本人あてでないメールが配信されたりしていたという。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルとディズニー・モバイルは9月9日、8月末に顧客を識別するメールサーバに不具合が発生し、メールの配信に問題が生じていたことを明らかにした。現在は復旧している。

 発生した事象は、送信したメールの送信元メールアドレスが本来の発信者とは異なる第三者の電話番号やメールアドレスとして相手に表示されたり、本人あてでないメールを受信したりするといったもの。8月28日午前10時20分から31日午前3時58分までの間に、関西、北陸、中国、四国、九州・沖縄のエリアにいた3902回線(うちディズニー・モバイルは58回線)のユーザーで起こっていた。他キャリアのユーザーあてに送られたメールも、ソフトバンクモバイルの別のユーザーが差出人になったり、他キャリアのユーザーから送られたメールが、ソフトバンクモバイルの別のユーザーに届くといった事故もあったという。

※初出時に、3960回線に影響があったと記載していましたが、ディズニー・モバイルの回線数はソフトバンクモバイルの回線数に含まれており、58回線多い数字になっていました。お詫びして訂正いたします。(9/9 17:15)

 原因はユーザーを識別するメールサーバの不具合(Yahoo!ケータイの設備のHDDに発生したハードウェア障害)で、8月31日午前3時58分に復旧しており、現在はこのような現象は起こっていないという。この不具合による通信料金は発生しない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.