ニュース
» 2009年11月10日 13時46分 公開

STYLEシリーズ:「Seventeen」誌がプロデュース、女子高生が“欲しい機能”をケータイに――「SH-05B」

女子高生の“こんなケータイがあったらいいのに”という声を形にしたのが「SH-05B」。デザインだけでなく自分撮りや文字変換などの機能にも女子高生の声を反映させた。

[後藤祥子,ITmedia]
photo

 女子高生の“こんなケータイがあったらいいのに”という声を形にしたNTTドコモの端末が、シャープ製のSTYLEシリーズ端末「SH-05B」。ティーン雑誌の「Seventeen」がプロデュースを担当し、女子高生のさまざまなリクエストを端末に反映させた。

 ボディカラーはyurukawa pink、otokomae pink、yancha pinkの3色で、読者アンケートを元にSeventeen誌の専属モデル桐谷美玲、波瑠、有末麻祐子の3人がこだわりのピンクを選択。デザイン面でもハート柄のスピーカーからキーデザインにいたるまで、ティーン目線のこだわりを盛り込んだ。

 機能面ではカメラ機能に注力しており、インカメラを使った自分撮り機能を強化。インカメラを起動するための専用キーを長押しするとハンドミラー機能が起動し、手軽に顔をチェックできる。また、「ほっそり」「目ぱっちり」「色白」などのフェイスエフェクトも用意し、インカメラで“盛りまくり”写真を撮影できるようにした。

photo 左からotokomae pink、yancha pink、yurukawa pink

 520万画素のアウトカメラは、友達の顔を登録すると優先でピントを合わせる「個人検出」機能を搭載。フォーカスマークにはハートやティアラなど、人によって異なる絵柄を設定可能だ。ほかにもデータボックスから、登録した友達が写っている写真だけを検索できる機能も装備した。

 文字変換については、Seventeen読者への調査からティーンがメールでよく使う言葉を選び出し、ダウンロード辞書として提供。コンテンツもモデルの手描きひらがな絵文字をプリセットするなど、“Seventeenならでは”のアイテムを多数用意する。また、学習に役立つ和英、英和、国語辞書も搭載した。

「SH-05B」の主な仕様
機種名 SH-05B
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約49×108×13.9ミリ(最厚部15.8ミリ)
重さ 約107グラム
連続通話時間 約185分(テレビ電話約110分)
連続待受時間 約490時間
アウトカメラ 顔検出AF対応有効約520万画素CMOS
インカメラ 有効約43万画素CMOS
外部メモリ microSDHC(最大16Gバイト)、microSD(最大2Gバイト)
メインディスプレイ 約3インチ フルワイドVGA(480×854ピクセル)、1677万7216色NEWモバイルASV液晶
サブディスプレイ 約0.9インチ(128×36ピクセル 1色有機EL)
主な機能 ワンセグ、おサイフケータイ、WORLD WING(3G)、FOMAハイスピード(7.2Mbps)、iコンシェルなど
ボディカラー yurukawa pink、otokomae pink、yancha pink

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう