ニュース
» 2010年02月16日 14時52分 UPDATE

「HYBRID W-ZERO3」で3Gが圏内に復帰しない不具合を改善

ウィルコムがシャープ製スマートフォン「HYBRID W-ZERO3」のソフトウェア更新を発表した。「WILLCOM CORE 3G」のエリア内に入っても、端末が圏外から圏内に復帰しない問題が改善される。

[山田祐介,ITmedia]

 ウィルコムは2月16日、シャープ製スマートフォン「HYBRID W-ZERO3」のソフトウェアアップデートを発表した。同アップデートでは、「WILLCOM CORE 3G」(W-CDMA)のエリア内で、端末が圏外から圏内に復帰しない問題が改善される。

photophoto HYBRID W-ZERO3

 HYBRID W-ZERO3は、PHSとW-CDMA(3.5G)の2つの通信機能の備えた、Windows Mobile 6.5採用のスマートフォン。W-CDMAエリア内では、下り最大7.2Mbps/上り最大5.7Mbpsの通信に対応する。

 更新ソフトウェアは端末から直接ダウンロードできるほか、PC経由でもダウンロードできる。なお、更新内容は電源を入れ直した時点で有効となり、更新後には日付と時計の再設定が必要となる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう