ニュース
» 2010年09月09日 14時23分 UPDATE

ドコモ、不具合発見で「LYNX SH-10B」の販売を一時見合わせ

NTTドコモが、シャープのAndroid端末「LYNX SH-10B」の販売を一時見合わせると発表。キーボード操作履歴が第三者に取得されてしまう危険があるという。

[園部修,ITmedia]
Photo 販売を一時停止する「LYNX SH-10B」

 NTTドコモが9月9日、シャープ製のAndroidスマートフォン「LYNX SH-10B」の販売を一時見合わせると発表した。理由はソフトウェアに不具合が発見されたため。

 すでに購入したユーザー(9月8日時点で約7000台)には、個別に連絡の上、9月13日をめどにアップデート用のソフトウェアを配布する予定だ。販売再開はソフトウェア更新済みの製品が用意できる9月中旬以降になる。

 不具合の内容は、悪意のあるアプリケーションがインストールされた場合に、ユーザーのキーボード操作履歴が、第三者によって取得されてしまう可能性がある、というもの。パスワードなどを入力した際に、その文字列が漏洩してしまう危険がある。実際にこのセキュリティホールを悪用したアプリケーションはまだ発見されておらず、ユーザーからの申告もない状況だが、ドコモはソフトウェアのアップデートが配布されるまでの間、アプリケーションのダウンロードを控えるよう呼びかけている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう