ニュース
» 2011年09月09日 20時00分 UPDATE

携帯販売ランキング(8月29日〜9月4日):Xperiaファミリーが好調――グローバルモデルの優位続く (1/4)

携帯販売ランキングではXperiaやiPhone、GALAXYといったグローバルブランド端末が依然として人気だ。注目の新モデル「Xperia ray」も、前回同様4位に入っている。

[山田祐介,ITmedia]

キャリア総合ランキング TOP10

2011年8月29日〜2011年9月4日
順位前回順位キャリアモデル
1位1NTTドコモXperia acro SO-02C
2位2ソフトバンクモバイルiPhone 4(16Gバイト)
3位3NTTドコモGALAXY S II SC-02C
4位4NTTドコモXperia ray SO-03C
5位5ソフトバンクモバイルiPhone 4(32Gバイト)
6位9auXperia acro IS11S
7位14イー・モバイルH31IA
8位8NTTドコモF-12C
9位7ソフトバンクモバイルみまもりケータイ 005Z
10位11auREGZA Phone IS04

この記事は、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国の家電量販店のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。



photo 首位の「Xperia acro SO-02C」

 携帯販売ランキングのキャリア総合では、上位5モデルが前回と同じ結果となった。首位はNTTドコモの「Xperia acro SO-02C」。同モデルは初登場1位を獲得して以来、9週連続で首位を快走している。2位はソフトバンクモバイルの「iPhone 4」で、前回3位から2位へ浮上し、その座を守った格好だ。3位はドコモの「GALAXY S II SC-02C」が獲得した。

 前回初登場の「Xperia ray SO-03C」は引き続き4位にランクイン。そして5位にはKDDIのXperiaブランド端末「Xperia acro IS11S」が浮上した。同モデルはEメール(@ezweb.ne.jp)対応を9月下旬(予定)に控えており、対応が完了すれば、より機種変更がしやすい端末となる。下旬以降の順位にも注目したい。

 さて、KDDIが8月25日に投入したWindows Phone 7.5搭載スマートフォン「Windows Phone IS12T」だが、前回、そして今回と総合トップ10入りを果たせていない。キャリアメール機能に制限があったり価格が高めだったりと、手を出しにくい部分もあるのだが、サクサクと動くユーザーインタフェースや「People Hub」をはじめとするユニークな機能、防塵防水といった充実したスペックには目を見張るものがある。今後のランクインに期待したい。



       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.