レビュー
» 2011年12月13日 23時03分 UPDATE

LTE+1.5GHzデュアルコア+HD IPS液晶:写真で解説する「Optimus LTE L-01D」 (1/2)

ドコモの「Optimus LTE L-01D」は、Xiに対応したLGエレクトロニクス製のAndroidスマートフォン。1.5GHz駆動のデュアルコアプロセッサに4.5インチのHD液晶を備え、おサイフケータイやワンセグにも対応している。

[平賀洋一,ITmedia]
photo Optimus LTE L-01D

 NTTドコモのLGエレクトロニクス製「Optimus LTE L-01D」は、NTTドコモのLTEサービス「Xi」に対応したNEXTシリーズのスマートフォン。海外メーカー製ながら、ワンセグとおサイフケータイに対応しているのが特徴だ。

 タッチパネルには、HD表示(720×1280ピクセル)の約4.5インチのTrue HD IPS液晶を採用した。LGはこの液晶について、有機EL、例えば「GALAXY S II」に採用されているSuper AMOLED Plusよりも色再現性が高く、消費電力も少ないとしている。視野角の広さはIPS液晶ならではで、店頭などでの短い試用時間でもすぐに違いが分かるだろう。またIPS方式の液晶パネルは、構造上電極が少なくてすむため、タッチ操作も快適に行えるという。タッチパネルが大きいため、ボディも大柄だ。ただし、角を落としたラウンドフォルムのため、持ちにくいということはない。重さは約約140グラム。

 プロセッサには、米Qualcommのデュアルコアプロセッサ「APQ8060」(1.5GHz)を搭載した。LTE+1.5GHzのデュアルコアという組み合わせはSamsung電子の「GALAXY S II LTE SC-03D」と同じだが、Optimus LTE L-01DはHDサイズのディスプレイを搭載し、ワンセグとおサイフケータイにも対応。さらに、ボディカラーにRedとBlackの2色を用意するなど、スペック面の充実ぶりが目立つ。

初出時、タッチパネル解像度をフルHDと表記しましたが、正しくはHD(720×1280ピクセル)です。お詫びして訂正いたします
photophoto ボディカラーはRedとBlackの2色

 カメラは、アウトカメラが810万画素CMOSで、静止画は3264×2448ピクセルでの撮影ができ、動画ではフルHD(1920×1088ピクセル※L-01Dでは1088ピクセルで撮影される)のムービーが録画できる。インカメラは130万画素で、自分撮りやビデオチャットも高画質で行える。

 バッテリーは1800mAhと大容量のものを備えているが、ドコモが後日発表した連続待受時間は、LTE利用時で約240時間、3G利用時で約300時間と短め。それに配慮してか、別売りの卓上ホルダには、予備バッテリーを充電するスロットが付いている。さらにこのスロット、標準バッテリーよりも厚いバッテリーが入るようになっていて、純正大容量バッテリーの登場がうかがえるのが興味深い。

photophoto Optimus LTE L-01D(red)の正面と背面。背面は全体がバッテリーカバーになっている。右下部にある2本のスロットは外部スピーカー

photophoto ラウンドフォルムのため正面と背面のボディパーツが側面に回り込み、3ピース構造になっている。左側面(写真=左)にボリュームキーがあるが、右側面(写真=右)にはとくに何もない

photophoto 端末の上面(写真=左)と底面(写真=右)。上面にはワンセグアンテナ、電源キー、Micro USBポート、3.5ミリのイヤフォンジャックが集中している。底面には通話用のアンテナがあるのみ

photophoto アウトカメラは有効800万画素のCMOS(写真=左)、インカメラは130万画素のCMOSを採用した(写真=右)

photophoto タッチパネル下には、センサー式のホーム/メニュー/戻るキーがある(写真=左)。USBポートのカバーを開けたところ(写真=右)

photophoto ワンセグアンテナは長め

photophoto バッテリーは1800mAhと大容量だが、連続待受時間は、LTE利用時で約240時間、3G利用時で約300時間と短い(写真=左)。オプションで卓上ホルダを用意する(写真=右)

photophoto 卓上ホルダには予備バッテリー用のスロットが付いている。スロットは大きめにできていた、大容量バッテリーでも充電できるようになっている

photophotophoto ロック画面(写真=左)とホーム画面(写真=中央)。ドコモスマートフォンの共通UIであるdocomo Palette UIも搭載した(写真=右)

photophotophoto 電話アプリのダイヤル画面(写真=左)。「声の宅配便」へのショートカットキーがある。電話帳は、電話/メール/SMSについて表示させる項目が選択できる(写真=中央、右)

photophotophoto 通知領域(写真=左)とプリセットされたウィジェットの一例(写真=中央)。ウィジェット編集時にはホーム画面にガイドが表示される(写真=右)

photophotophoto マチキャラにも対応した(写真=左)。設定した壁紙などホーム画面のプロフィールを保存できる(写真=中央)。ドコモの省電力アプリ「ecoモード」をプリインストールした(写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう