ニュース
» 2012年01月16日 10時06分 UPDATE

スマホ版「INFOBAR」がテンキー搭載 「INFOBAR C01」登場

深澤直人氏デザインの人気シリーズ「INFOBAR」の新作「INFOBAR C01」は、ケータイ版INFOBARを連想させるテンキー搭載ストレートボディを採用したAndroidスマートフォンだ。

[山田祐介,ITmedia]

 KDDIのシャープ製Android端末「INFOBAR C01」は、プロダクトデザイナーの深澤直人氏がデザインを担当する人気シリーズ「INFOBAR」のスマートフォン第2弾。今回は、フィーチャーフォン版INFOBARを想起させるテンキー搭載のストレート型ボディを採用している。カラーは「NISHIKIGOI」「ICHIMATSU」に加え、新色の「KIIRO」をラインアップ。2月上旬以降に発売する。

photophoto INFOBAR C01

 片手でも操作しやすい幅52ミリのコンパクトボディに、約3.2インチのフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶を搭載する。ケータイ感覚のテンキーでメールなどの文字入力がしやすい。ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信といった日本向けの機能もしっかり備えた。グローバルパスポートはCDMA/GSM/GPRSに対応する。カメラは約804万画素のCMOSを採用する。CPUは1.4GHzのQualcomm製MSM8655を搭載し、ROMは4Gバイト(ユーザー利用領域は1Gバイト)、RAMは512Mバイトとなっている。

photophoto INFOBARという名前どおりの“BAR”型ボディ(写真=左)。INFOBAR A01と比較(写真=右)

 OSはAndroid 2.3。スマートフォン第1弾「INFOBAR A01」に採用されたタイル状のユーザーインタフェース「iida UI」を引き続き搭載する。ロック解除画面から電話やメール、カメラなどに即座にアクセスする機能や、ホーム画面からキー操作でアプリが起動できる機能などを新たに加え、利便性を高めている。

photophoto
photophoto
photo
「INFOBAR C01」の主な仕様
機種名 INFOBAR C01
OS Android 2.3
CPU 1.4GHz Qualcomm MSM8655
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約52(幅)×130(高さ)×12.3(厚さ)ミリ(最厚部約12.5ミリ)
重さ 約106グラム
連続通話時間 約370分
連続待受時間 約350時間
メインカメラ 有効約804万画素CMOS
インカメラ
外部メモリ microSDHC(最大32Gバイト)
ディスプレイ 約3.2インチフルワイドVGA(480×854ピクセル)TFT液晶
ボディカラー NISHIKIGOI、ICHIMATSU、KIIRO
無線LAN IEEE802.11b/g/n
Bluetooth 3.0+EDR
外部インタフェース microUSB
主なサービス・機能 Eメール(〜@ezweb.ne.jp)、SMS(Cメール)、デコレーションメール、緊急速報メール、グローバルパスポート、ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信、WIN HIGH SPEED
発売日 2月上旬以降

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.