ニュース
» 2012年10月15日 17時46分 UPDATE

ソフトバンク、1兆5709億円で米Sprint Nextelを買収、連結子会社化

ソフトバンクが、米国第3位の通信事業者、Sprint Nextelを買収すると発表した。買収金額は1兆5709億円。

[園部修,ITmedia]

 ソフトバンクは10月15日、米国第3位の携帯電話事業者、Sprint Nextelを買収すると発表した。買収総額は約1兆5709億円(約201億ドル)。既存株主から約9469億円(121億ドル)で株式を取得するほか、約6240億円(80億ドル)の第三者割当増資を引き受け、Sprintの約70%の株式を取得して連結子会社化する。

 最終的に買収が成立するには、スプリント株主による株主総会における承認、競争法上の承認、連邦通信委員会(FCC)による承認、その他監督官庁の通常の承認など、さまざまな条件を満たす必要があるが、2013年半ばにはこの取引が最終的に完了する見込み。

 ソフトバンクモバイルとSprint Nextelの経営統合により、ソフトバンクグループは米国のVerizon Wireless(1億1100万)やAT&T Mobility(1億500万)に匹敵する、9600万の顧客基盤を持つことになる。売上金額ベースでも世界第3位となる。

PhotoPhoto 日米をまたがり、顧客基盤は1億近くに拡大。売上高は世界で第3位になる
PhotoPhoto Sprintは、現在業績回復の途上であり、そこにソフトバンクが出資をすることでさらに成長のペースを加速させる。ソフトバンクは日本テレコム、ボーダフォンジャパン、ウィルコムなどをV字回復させてきたノウハウと、共通の機器を使えるグループシナジーを生かす

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.