レビュー
» 2012年10月31日 10時00分 UPDATE

それは魔法の完成――“mini”の追加で広がったiPadの世界 (1/4)

ポストPCの本命とされるiPadの9.7インチディスプレイと、iPhoneの4インチディスプレイの隙間を埋める存在として登場した「iPad mini」。Appleがなぜminiを作ったのかは、実際に手にとって見るとよく分かる。

[神尾寿,ITmedia]

 「魔法のような」

 これは故スティーブ・ジョブズ氏が、「iPad」を紹介する時によく使った形容詞だ。PCの使いにくさを払拭し、洗練されていて、誰もが使える新たなコンピューターを作る——。そんな思いから生まれたiPadのユーザー体験は、“ポストPC時代の到来”という革命を起こした。2〜3歳の幼児から高齢者まで、多くの人々が、iPadならば気軽に利用することができ、アプリとインターネットによってITの利便を享受することができる。iPadの登場は新たなデバイス市場を創出しただけでなく、人とコンピューターの関係を今までよりもずっとシンプルで良好なものにした。家庭のリビングルームから始まり、カフェや空港のラウンジを、オフィスを、医療や教育の現場を、さまざまな風景をiPadは変えていった。

 これがポストPCという名の、iPadの魔法である。

 そして2012年10月。iPadに初めてバリエーションが登場した。先のApple Special Eventで発表された「iPad mini」である。そしてiPadも新しくなり、第4世代のiPad、「iPad Retinaディスプレイモデル」になった。

 筆者は今回、このiPad miniと第4世代iPadのWi-Fi版を、発売前にいち早く試す機会を得た。iPad miniがもたらす新たな価値はどのようなものか。そしてiPad miniとiPadの2モデル体制により、iPadのイノベーションはどのような変化をしていくのか。リポートを交えながら、考えていきたい。

持ち運びの気軽さと精緻なデザインという魅力

 まずは注目のiPad miniについて見ていきたい。

 既報のとおり、iPad miniは7.9インチのディスプレイを搭載した「小型のiPad」だ。薄く、軽く、持ちやすくなったのが特長で、サイズは幅は134.7ミリ、高さは200ミリ、厚さは7.2ミリ。重量はWi-Fi版が308グラム、遅れて発売されるWi-Fi+Cellular版が312グラムである。このコンパクトさと軽さはiPad mini最大の特長だ。片手でひょいと持ち上げて使い始められる気軽さは、9.7インチのiPadにはなかった感覚である。

PhotoPhoto iPad miniのブラック&スレートとホワイト&シルバー
PhotoPhoto パッケージはブラック&スレートもホワイト&シルバーも白基調。開けるとまずiPad miniが顔を出すのも他の製品と同じ。箱の中にはACアダプタ(iPhone 5と同じもの)とLightning USBケーブルが同梱されている

 デザインも、これまでのiPadから大きく変わった。

 パッと見た時の印象にiPadの面影はもちろんあるが、デザインのテイストとしては、むしろ「iPhone 5」に近い。ホワイト&シルバーとブラック&スレートという色名はiPhone 5と同じであるし、狭額縁化された表面、角の部分がダイヤモンドカットされているところなど共通点は多い。

PhotoPhoto 背面はアルミパネルのため、iPhone 5と雰囲気はよく似ている
PhotoPhoto 面取りされた部分が輝く様子もiPhone 5と同じテイスト

 さらに手に触れた時のアルミの質感、個々のボタン類やスピーカー、Lightningコネクタの金属加工精度の高さなどは目を見張るものがある。iPhone 5の時に「まるで高級時計のようだ」と筆者は感嘆したのだが、それと同じ高級感が、iPad miniにも宿っている。ひとたびiPad miniを見て触れてしまうと、プラスチッキーな他のタブレット端末が、ずいぶんと安っぽくお粗末なものに見えてしまう。

PhotoPhoto 側面は全体が丸みを帯びているが、9.7インチのiPadよりもアールがきつく手に当たったときの感覚はやわらかい
PhotoPhoto 金属製のボディは質感が高い。金属加工精度の高さも魅力的だ

 持ち運びのしやすさと、デザイン・仕立てのよさ。

 この2つが高いレベルで両立されていることは、7インチクラスの“モバイルタブレット”にとって、とても重要なことだ。

 iPad miniは片手で苦もなく扱えるサイズと重量であるため、利用シーンを選ばない。特に日本の都市部では電車・バスなど公共交通を利用することが多いので、カバンに入れてもかさばらず、狭いスペースでも気軽に使えることは大きなメリットだ。また、電車の中などで立ったまま片手で電子書籍などを楽しむようなシーンでも、iPad miniの小ささと軽さであれば無理なく行える。ただし、その場合はストラップ付きでホールド性のいいケースが欲しくなったのも事実だ。Appleでは、iPod touch用に「iPod touch loop」という画期的なストラップ機構を用意しているが、これと同様の“iPad loop”を、将来のiPad miniでは実装してほしいところだ。

 一方、美しさという点では、iPad miniは申し分ない出来映えだ。精緻かつ凝縮感のあるiPad miniのデザインは、カジュアルでお洒落なカフェから、高級なホテルやレストランといったフォーマルな場まで、どこで出しても恥ずかしくない。外で使うタブレットに求められる“身だしなみのよさ”が、iPad miniには十分に備わっている。

PhotoPhoto 歴代iPadとiPad miniを重ねてみた。iPad miniは、iPadのエッセンスを凝縮したモデル
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.