ニュース
» 2013年02月20日 13時40分 UPDATE

タブレット向けUbuntuインタフェース登場――開発者向けプレビュー版は21日に公開

英Canonicalが、「Ubuntu」のタブレット向けインタフェースを発表した。2月21日に公開予定の開発者向けプレビュー版「Touch Developer Preview」の一部となり、「Nexus 7」と「Nexus 10」にインストールできる。

[末岡洋子,ITmedia]
Photo Ubuntuのタブレット版インタフェース

 Linuxディストリビューション「Ubuntu」の開発元である英Canonicalは2月19日、タブレット向けインタフェースを発表した。21日の公開を予定しているスマートフォン向けの開発者向けプレビュー版「Touch Developer Preview」の一部となり、既に発表されているスマートフォン2機種に加え、「Nexus 7」(ASUS)と「Nexus 10」(Samsung)の2機種にインストールできる。

 Ubuntuは1月にスマートフォン向けインタフェースを「Ubuntu for phone」として発表。2月に入り、タッチパネル端末用インタフェースの開発者向けプレビュー版「Touch Developer Preview」を21日に公開すると発表している。当初、Touch Developer Previewは「Nexus 4」と「Galaxy Nexus」のAndroidスマートフォン2機種にインストールできると発表されており、今回のタブレット向けインタフェースの発表で、2機種のタブレットが加わった。

 タブレット向けインタフェースは、6〜20インチの画面サイズ、解像度100〜450ppiをサポートする。タブレット上でスマートフォンアプリを利用できる“side stage”によるマルチタスクが可能で、画面の4隅(上下左右)を利用してアプリ間を切り替え、設定やコントローラなどの操作や機能にアクセスできる。

 ホーム画面はカスタマイズに対応し、メディアなどのコンテンツにすぐにアクセスできるよう配慮している。音声コマンドに対応した独自技術「Heads-Up Display」を利用することで検索主導の操作が可能となり、複雑な処理をタブレットで行えるという。

 エンタープライズ機能も特徴で、複数のユーザーアカウントを設定でき、暗号化を利用して安全に利用できるという。キーボードとドッキングするとPCとして利用でき、業界標準のプロトコルを利用して遠隔にあるWindowsアプリケーションにアクセスできるという。

 Ubuntuはデスクトップ、サーバなどで利用されており、スマートフォンとタブレット向けのインタフェースにより、スマートフォンやタブレット、PC、テレビとさまざまなデバイスのスクリーンに拡張できるようになる。Ubuntuの創始者でCanonical創業者のマーク・シャトルワース(Mark Shuttleworth)氏は「これはUbuntu独自の特徴で、コンピューティングの将来の姿」と語っている。

 Touch Developer PreviewはUbuntuの開発者向けWebサイトで、21日からダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.