ニュース
» 2013年09月19日 12時43分 UPDATE

IIJ、3Gバイト×回線数の容量を共有できるデータ通信オプション発表

IIJは、法人向けのモバイルデータ通信サービスで、「データシェアオプション」を10月1日から開始する。初期費用は2万円で月額費用は無料になる。

[長浜和也,ITmedia]

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、法人向けのモバイルデータ通信サービス「IIJモバイルサービス/タイプD」で、「データシェアオプション」を提供することを9月19日に発表した。提供開始は10月1日の予定だ。

 利用料金は、初期費用が2万円(税別)で月額費用は無料になる。このオプションを適用できる料金プランはIIJモバイルサービス/タイプD 定額プランL 回線種別:LTEに限られる。また、最低回線数として、1契約あたり10回線が必要だ。また、オプションとは別に、回線に対する費用が1回線あたり月額5500円かかる。この回線は最低契約期間が2年間で端末レンタル費は別になる。

 IIJモバイルサービス/タイプDは、NTTドコモのLTEと3Gを利用するデータ通信サービスで、データシェアオプションを契約すると、同一契約内で利用しているほかの回線と「3Gバイト×回線数」の容量を共有できる。

 ただし、月間通信量が10Gバイトを超えた回線は、データシェアオプションを契約していても通信速度を月末まで256Kbpsに制限する。また、同一契約のデータ通信量の合計が“しきい値”を超えた場合は、すべての対象回線で月末まで通信速度を256Kbpsに制限する。

kn_iij_01.jpg データシェアオプションを利用した場合の通信容量制限では、1回線で10Gバイトを超えると規制がかかる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう