ニュース
» 2013年10月02日 19時04分 UPDATE

KDDI、10月下旬から下り最大150MbpsのLTEサービスを提供

auの4G LTEで、10月下旬から千葉県の一部地域にて下り最大150Mbpsの通信が可能になる。冬モデルのスマートフォンとタブレットが対応する。

[田中聡,ITmedia]

 KDDIは、10月下旬から下り最大150Mbpsの「4G LTE」サービスを提供する。

 150MbpsのLTEサービスは、2.1GHz帯の20MHz幅を使うことで実現する。まずは千葉県木更津市(千葉県木更津市高砂3丁目周辺、千葉県木更津市高柳周辺、千葉県木更津市高柳2丁目周辺)から提供し、順次全国に拡大していく。エリアの詳細はauのWebサイト(外部リンク)を参照。2.1GHz帯は3G通信とも併用しているので、ほかの地域については、トラフィックの状況を見ながらLTEへ移行することになる。なお、上りの速度は最大12Mbpsとなる。

 対応機種は「isai LGL22」「Xperia Z1 SOL23」「GALAXY Note3 SCL22」「AQUOS PHONE SERIE SHL23」「ARROWS Z FJL22」「DIGNO M KYL22」「ARROWS Tab FJT21」。いずれもLTE Category4をサポートする。

 なお、2.1GHz帯の15MHz幅を使ったエリアでは、下り最大112.5Mbpsまたは100Mbpsでの通信が可能。

photophoto 10月下旬からau冬モデルで下り最大150Mbpsの通信が可能になる(写真=左)。10月2日のau発表会の会場には、2.1GHz帯/20MHz幅を使った屋内基地局が臨時で設置されており、冬モデルでは120Mbps以上の速度を記録した(写真=右)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.