ニュース
» 2013年12月16日 00時00分 UPDATE

「MapFan+」ユーザーの利用動向を調査――iOS 7は約80%、iPhone 5s/5cは約13%

インクリメントPがiOS向け地図ナビアプリ「MapFan+」の利用動向調査を実施。iOS 7のユーザーは約80%に上るが、iPhone 5s/5cの利用者は全体の約13%だったことが分かった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 インクリメントPはこのほど、iOS向け地図ナビアプリ「MapFan+」のユーザーを対象にした動向調査を実施し、その結果を公表した。MapFan+のiOS版は10月末時点で130万ダウンロードを突破している。

PhotoPhoto iOS版「MapFan+」のユーザー利用動向調査

 調査は、11月1日から30日までにアプリを利用したユーザーのアクセスログをもとに、端末の機種やOS環境の情報を割り出したもの。これによると、最新のiOS 7を使っているユーザーは全体の約80%と高い割合をみせた。また利用端末の比率は、iPhone 5が約40%、iPhone 4Sが約17%、iPadシリーズが合計で約24%と比較的高い結果となった。

 一方、最新のiPhone 5sは約11%、iPhone 5cは2%にとどまったが、合計すると13%とiPhone 4Sに迫る勢いを見せた。さらにGPS非搭載のiPod touchも約4%おり、ナビではなく「地図帳」として利用するユーザーも一定数いることが分かった。

関連キーワード

MapFan | iOS | 地図 | 調査 | インクリメントP | iOS 7 | GPS


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.