調査リポート
» 2013年12月26日 12時10分 UPDATE

沖縄最速はドコモ端末――イードのスマホ通信速度実測調査

イードは、沖縄県内の商業施設ほか55カ所で携帯電話主要3キャリアのスマートフォン速度実測調査を実施そた。最速はNTTドコモのiPhone 5cとなった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 イードは、沖縄県内においてNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクモバイルのスマートフォン速度実測調査を実施し、その結果を12月25日に発表した。

 今回計測を行ったのは、沖縄県内の「ショッピング施設」「大学や高校などの文教施設」「公共・交通施設」など合計55カ所。調査に使用したのは「RBB TODAY SPEED TEST」アプリで、期間は12月11日〜12月13日まで。対象機種は各キャリアの「iPhone 5c」、NTTドコモの「ARROWS NX F-01F」、auの「Xperia Z1 SOL23」、ソフトバンクの「AQUOS PHONE Xx 302SH」。

 これによると、NTTドコモのiPhone 5cが全55カ所のうち34カ所で下り最速を記録した。また下り速度の平均値最速はNTTドコモのiPhone 5cで23.9Mbps、上りの平均速度最速はソフトバンクのiPhone 5cで8.3Mbpsとなっている。

Photo 携帯電話主要3キャリアのiPhoneにおける平均速度
Photo 携帯電話主要3キャリアのAndroid端末における平均速度

 一方Android端末では、NTTドコモのARROWS NXが下り平均速度が30.5Mbpsで1位を獲得。さらに全55カ所のうち、33カ所の計測でも最も速いという結果が出た。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.