ニュース
» 2014年01月31日 19時40分 UPDATE

気になるWiMAX 2+契約者数は:UQ WiMAX契約者数、2014年度第3四半期実績で減少へ

KDDIは、1月30日に発表した2014年3月期第3四半期の決算発表資料で、UQコミュニケーションズのUQ WiMAX契約数を公開した。

[長浜和也,ITmedia]

 KDDIは、1月30日に発表した2014年3月期第3四半期の決算発表資料で、UQコミュニケーションズのUQ WiMAX契約数を公開した。UQコミュニケーションズは、2013年10月から電気通信事業者協会(TCA)の契約実績発表から離脱しており、契約数推移が四半期ごととなっていた。

 今回明らかになった契約者数実績推移は、2013年第1四半期から2014年第3四半期まで、四半期ごとに集計したもので、2014年第三四半期の契約数は、同年第2四半期の422万2000件から415万7000件に減少した。

契約者数の推移 2013年3月期第1四半期 2013年3月期第2四半期 2013年3月期第3四半期 2013年3月期第4四半期 2014年3月期第1四半期 2014年3月期第2四半期 2014年3月期第3四半期
UQ WiMAX 290万6000件 362万4000件 392万9000件 408万4000件 422万2000件 427万5000件 415万7000件

 UQコミュニケーションズでは、減少した理由についてWiMAXなどの新規契約者数は増えている一方で、2012年までに登場した+WiMAX対応モデルユーザーのLTE移行がそれを上回っているためと分析しており、減少傾向は今後もしばらく続くとみている。また、契約数が減少から純増に転じる時期の見通しや、そのための対策については「未定」と回答している。

 なお、WiMAX 2+の契約数実績についても「非公開」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.