ニュース
» 2014年02月17日 13時06分 UPDATE

ドコモの「GALAXY S4 SC-04E」、Android 4.3にバージョンアップ

ドコモは、「GALAXY S4 SC-04E」のOSバージョンアップを開始した。Android 4.2から4.3になる。また、「GALAXY S III α SC-03E」と「GALAXY Note II SC-02E」も3月上旬以降にOSバージョンアップを行う予定だ。

[村上万純,ITmedia]
photo 「GALAXY S4 SC-04E」

 NTTドコモは2月17日、Samsung製Androidスマートフォン「GALAXY S4 SC-04E」(レビューまとめはこちら)のOSバージョンアップを開始した。今回のアップデートにより、Android 4.2から4.3になる。

 バージョンアップの主な内容は以下の通り。

  • 省電力設計の「Bluetooth Smart」に対応し、「GALAXY Gear(SM-V700)」などを利用できるようになる
  • 「docomo ID」認証の本格導入に対応し、docomo ID対応アプリやWi-Fi環境の利用がより便利になる
  • 端末を紛失した際などに、My docomoから回線を指定して、遠隔操作で端末の初期化やmicroSDデータの消去ができる
  • microSDへのバックアップ対応項目のうち、音楽、ブックマーク、通話履歴、ユーザ辞書を、データ保管BOXへアップロード可能になる、新「ドコモバックアップアプリ」を提供する
  • 災害時などに備えて、通常時と比較してバッテリーの消費量を最大約50%低減する「緊急時長持ちモード」に対応する
  • 「設定」から「安全サポート」をオンにすると、緊急時にボリュームアップ・ダウンキーを3秒間押し続けると、あらかじめ設定した緊急メッセージを緊急連絡先に通知する。その際、周囲に危険を知らせるサイレン音を鳴らすこともできる
  • 文字入力で、日本語・英語・数字の8つのフリック入力に対応する

 更新は、端末本体(FOMA/Xi/Wi-Fi)かPCで行う。PCの場合は、専用ソフト「Samsung Kies」のインストールが必要だ。端末本体で更新する場合は、ホーム画面の「メニューキー」→「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」と選び、画面の案内に従って操作する。

 更新所要時間は、端末本体が約48分で、PCが約104分だ。更新後のビルド番号は「JSS15J.SC04EOMUBNB1」になる。なお、「iチャネル」「ICタグ・バーコードリーダー」アプリはエラーが発生したり、強制終了する場合があるため、必ずアップデートを実行するよう案内されている。

 また、ドコモは「GALAXY S III α SC-03E」と「GALAXY Note II SC-02E」のOSバージョンアップも3月上旬以降に随時行う予定だ。いずれもAndroid 4.3になる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.