ニュース
» 2014年03月25日 00時00分 UPDATE

ソフトバンク、専用ソフトで障がい者の社会生活を支援する「アシストスマホ」サービスを開始

ソフトバンクモバイルは、シャープ製「シンプルスマホ 204SH」を活用した障がい者向けの支援サービス「アシストスマホ」を開始した。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは、Androidスマホを使った障がい者向けの支援サービス「アシストスマホ」を3月24日に開始した。利用料金は無料。

Photo 障がい者向け支援サービス「アシストスマホ」

 アシストスマホが利用できるのは同社のシャープ製「シンプルスマホ 204SH」で、専用ソフトウェアのダウンロードが必要。端末購入と同時の申し込みのほか、すでに端末を所持している場合は専用の相談ダイヤルで対応する。

 本サービスは主に知的障がいのあるユーザーを支援するもので、利用シーンや定型文の選択でメールを作成できる「アシストメール機能」、目的地までの移動をAR技術でサポートする「アシストナビ機能」を搭載。また、あらかじめ登録した保護者・支援者は「位置情報検索」でユーザーの現在地を検索でき、指定した時間に該当エリアへ到着しなかった場合にメールで連絡する「みまもるフェンス」機能も備えた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.