ニュース
» 2014年07月24日 10時56分 UPDATE

Microsoft、「Lumia 530」を発表 85ユーロ(約1万円)で発売へ

MicrosoftがNokia Lumiaブランドの廉価端末「Lumia 530」を発表した。新興国市場向けAndroidフォーク端末の開発を終了し、Windows Phone端末の市場投入を加速する構えだ。

[ITmedia]

 米Microsoftは7月23日(現地時間)、低価格のWindows Phone 8.1端末「Lumia 530」を発表した。8月にまず欧州で発売する。予想価格は85ユーロ(約1万円)から。Microsoftは「Lumiaシリーズで最も手ごろな」端末としている。

 lumia 1 ページでの製品名は「Nokia Lumia 530」になっている

 価格から分かるようにスペックはかなり抑え気味だ。ディスプレイは4インチ(854×480)、プロセッサはQualcomm Snapdragon 200、RAMは512Mバイト、ストレージは4Gバイト。インカメラはなく、LTEもサポートしない。Microsoftは同端末を「Lumiaシリーズの妥協のないサービスとアプリを手ごろな価格で体験してもらうための端末」と位置付けている。

 Microsoft OfficeのWindows Phone 8.1版、OneDriveの15Gバイトの無料容量など、Microsoftのサービスを体験できるようになっている。ストレージは小さいが、microSDで128Gバイトまで拡張できる。また、新興国市場で人気のデュアルSIMモデルも用意されている。色はLumiaの特徴である鮮やかな緑、オレンジ、白、黒の4色。

 lumia 2
「Lumia 530」の主な仕様
機種名 Lumia 530
OS Windows Phone 8.1
ディスプレイ 4インチ FWVGA (854×480、246ppi)
CPU Qualcomm Snapdragon 200(1.2GHzクアッドコア)
RAM 512Mバイト
ストレージ 4Gバイト
外部メモリ microSD(最大128Gバイト)
メインカメラ 500万画素
インカメラ なし
サイズ 119.7×62.3×11.7ミリ
重さ 129グラム
バッテリー容量 1430mAh(脱着可能)
ネットワーク WCDMA/GSM(LTE非対応)
緑、オレンジ、白、黒

 Microsoftは買収を完了したNokia端末部門が開発していたAndroidフォークのLumia「Lumia X」シリーズの終了を発表しており、今後は新興国市場向けにもWindows Phone端末を投入していく計画だ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.