ニュース
» 2014年09月11日 10時39分 UPDATE

Google Playの有料アプリ払い戻しタイムリミットが15分から2時間に延長

Google Playで購入したが気に入らなかったAndroidアプリやゲームの購入をキャンセル(料金の払い戻し)できるタイムリミットが、これまでの15分から2時間に延長された。

[ITmedia]

 米Googleは、モバイルアプリストア「Google Play」の有料アプリやゲームの返品に関する規約を変更し、全額払い戻しを受けられるタイムリミットを2時間に延長した。

 ヘルプページの記述が「Google Playでアプリやゲームを購入してから2時間以内であれば、購入したアプリやゲームを返品して全額払い戻しを受けることができます」に改定されている。

 Google Playの払い戻しリミットはこれまでは購入後15分だった。Google Playの前身であるAndroid Marketの払い戻しリミットは、立ち上げ段階では24時間だったが、2010年12月のアップデートで15分に短縮されていた。

 一度払い戻しを受けたアプリやゲームをまた購入した場合は、もう払い戻しを受けることはできない。また、アプリ内購入に関してはこのルールは適用されない(ヘルプページ)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.