ニュース
» 2015年10月01日 21時36分 UPDATE

腕時計ですか? はい腕時計です:ウェアラブルデバイスっぽさを払拭、普通の腕時計に見える「Huawei Watch」国内発売 価格は4万5800円から (1/2)

ファッション性を重視し、スマートウォッチっぽさを打ち消したデザインを採用。見た目はクラシックなアナログ腕時計そのものだ。

[平賀洋一,ITmedia]

 ファーウェイ・ジャパンは10月1日、Android Wear搭載スマートウォッチ「Huawei Watch W1」シリーズの国内投入を正式発表した。1日から直販サイトなどで予約を受付け、16日から順次発売する。

photo 「Huawei Watch」
photo 国内向けの4モデル

 Huawei Watchは、アナログ腕時計と見まごうクラシカルなボディに、円形の1.4型400×400ピクセル(286ppi)表示有機ELディスプレイを搭載したスマートウォッチ。Mobile World Congress 2015(スペイン・バルセロナ)にあわせて世界発表され、海外では9月から米英とイタリア、フランスで販売を開始していた。

photophoto ゴールドカラーの「W1 Elite」(写真=左)。メタルバンドの「W1 classic Stainless」(写真=右)
photophoto ベーシックな「W1 classic leather」(写真=左)。精悍なイメージの「W1 Active」(写真=右)
photo メタルバンドもゴールドな海外モデル

 日本では「W1 classic leather」(カラー:シルバー、バンド:ブラックレザー)、「W1 classic Stainless」(カラー:シルバー、バンド:メタル)、「W1 Active」(ブラック)、「W1 Elite」(ゴールド)の3色4タイプをラインアップ。実売想定価格と発売日は以下の通り。価格は全て税別だ。

  • 「W1 classic leather」(シルバー/ブラックレザー):4万5800円 10月16日
  • 「W1 classic Stainless」(シルバー/メタル):5万1800円 10月16日
  • 「W1 Active」(ブラック):5万7800円 10月16日
  • 「W1 Elite」(ゴールド):8万1800円 11月中旬以降
photo ファーウェイ・ジャパンのデバイスプレジデントのゴ・ハ氏(中央)

 ファーウェイ・ジャパンのデバイスプレジデントのゴ・ハ(呉波)氏は、「Huaweiはグローバル市場で急速に成長している。日本市場では、SIMロックフリースマホやタブレット、モバイルWi-Fiルーター、デジタルフォトフレームなどの8分野で月間のシェアNo1を獲得できた。それに続く新しいデバイスがHuawei Watchだ」と紹介した。2015年は日本法人設立10周年の年でもあり、節目の新製品投入という一面もあるようだ。

photo ファッションショー形式で製品を発表
photo 注:ファーウェイのスマートウォッチ発表会です
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.