ニュース
» 2016年01月21日 12時44分 UPDATE

世界最速の文字入力アプリ「Fleksy」に日本語版 KDDI研究所が共同開発

世界最速の文字入力アプリとしてギネス世界記録に認定されている「Fleksy」が、日本語入力に対応した。

[平賀洋一,ITmedia]

 KDDI研究所は1月21日、米Fleksyとスマートフォン向け文字入力アプリ「Fleksy」(フレクシィー)の日本語版を共同開発したと発表した。動作環境はAndroid 4.1以上を搭載するスマホで、アプリはGoogle Playから無料でダウンロードできる。

「Fleksy」 「Fleksy」

 Fleksyは、独自のジェスチャー操作(スワイプ)で文字の誤入力を素早く自動補正できるアプリ。より高速な文字入力が可能で、「世界最速文字入力アプリ」としてギネス世界記録に認定された。またスマホの文字入力に不慣れなユーザーや、視覚障がい者の正確な文字入力もサポートできる。

「Fleksy」 文字の誤入力をフリックで素早く補正できる

 日本語版はKDDI研究所とFleksyが共同で開発し、従来実装していた「QWERTY入力」に加え、日本語独自の入力方式である「フリック入力」に対応。またKDDI研究所が持つ登録辞書や文字入力技術、自然言語解析技術を生かし、新たに「ジェスチャー操作UI」と「誤入力自動補正機能」も実装した。

 全世界では2015年末時点で1000万件以上のダウンロード実績があり、Google PlayのEditor's Choice(スタッフのおすすめ)アプリにも選出されている。海外版にはiPhone向けもあるが、現時点で日本語版の予定はないという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.