調査リポート
» 2016年02月02日 06時00分 UPDATE

SNSの投稿を“引用”する報道、9割が「不適切」と判断

[ネトマジョ調査部,ITmedia]

 Twitterの投票機能を使ってネットのマジョリティー(多数派)を調査する本企画。第8回目のお題は「SNSの投稿を“引用”する報道、どう思う?」で、総投票数は1030票でした。たくさんの投票とご意見ありがとうございました。

 結果は「不適切だ」が89%、「問題ない」が11%となりました。今回の調査では「事故で亡くなった人の顔写真を報道で使う理由が分からない」「プライバシー権はどうなっているのか?」「自分だったら拒否したい」など、不適切派の意見が目立ちましたが、中には「事前連絡をすればいいだけでは?」など、礼儀ある報道が望ましいと考える人もいました。

 また、Twitterの利用規約や著作権法41条の関係で「報道の範囲であれば許諾は必要ない」とする声もあり、「引用されたくなければSNSを非公開にすればいい」との指摘もありました。

SNS報道 (画像はTwitter規約ページより)

 弁護士の中でも「“引用”報道に問題はない」とする見解があり、現状のSNSルールとユーザーとの間に大きなズレがあることが分かります。

SNS引用報道 (画像は日本新聞協会の報道資料研究会より)「報道利用であれば本人の許可なく引用しても法律面では問題ない」との見解を述べる人も

 SNSにおける表現活動とプライバシー権の問題について、まだまだ議論する余地がありそうです。

アンケート調査

 次回も気になるテーマでTwitter投票を実施するので、お楽しみに!

ネトマジョ過去記事一覧

「ネットのマジョリティー」(ネトマジョ)とは

ITやネットにまつわる気になる話題を見つけてどんどん調査していく連載。調査の一環としてTwitterなどで読者アンケートを実施し、世間の声を拾っていきます。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.