連載
» 2016年05月09日 06時00分 UPDATE

格安SIMで今までと同じ電話番号は使えるの?

[ITmedia]

 格安SIMを利用するにあたって、「これまでの電話番号は継続利用できるのか」が気になる人が多いのではないでしょうか。結論を述べると、ほぼ全ての音声通話対応SIMは、大手キャリアで使用していた電話番号を継続利用できます。

 ほとんどのMVNOが、これまで使っていた電話番号を他社でも継続して利用できる「MNP」(モバイルナンバーポータビリティ)に対応しており、この仕組みを使って格安SIMでも大手キャリアで使用していた電話番号を継続利用できます。

 また、最近では店頭カウンターだけでなく、オンラインでもMNPをしたその日に手続きが完了して使い始められる“即日MNP”に対応するMVNOが増えています。これまでは、オンラインでは即日MNPは行うことができず、SIMが自宅に届くまで電話番号が使えない“不通期間”が数日間発生していましたが、最近ではこうしたデメリットはほぼ解消されました。オンラインの場合は、自分で手続き作業を行う必要がありますが、昨今は気軽にMNPをして格安SIMを使い始められる体制が整っています。

即日MNPができるIIJmioの「おうちでナンバーポータビリティ」。同種のサービスを提供するMVNOが増えている

 MNPをする際は、いままで契約していたキャリアから「MNP予約番号」を発行してもらいましょう。このMNP予約番号をMVNOに申告することで、いままでと同じ電話番号が格安SIMでも使えるようになります。MNP予約番号は、各キャリアの顧客サポートセンターに電話するか、ショップを直接訪れるともらうことができます。

 また、MNPをする際には別途「MNP転出手数料」と解約金(契約から2年以内に解約する場合)が発生します。事前に確認しておきましょう。

MNP予約番号が発行された時点では、まだキャリアとの契約は継続される。MVNOにMNP予約番号を申告して初めて、キャリアとの契約解除が成立する仕組みだ

 MNP予約番号が発行されたら、発行から15日以内にMVNOで格安SIMを契約しましょう。15日を超えると、MNP予約番号が使えなくなってしまいます。

格安SIM なんでもQ&A

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホの全てが分かる

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう