まとめ
» 2016年10月02日 00時00分 UPDATE

iPhone 7のイヤフォン問題を解決する記事3選

イヤフォンジャック廃止でどうなる?

[ITmedia]

 「iPhone 7」「iPhone 7 Plus」では、イヤフォンジャックが廃止された。変換アダプターを使う、Bluetoothイヤフォンを使うなど、選択肢はいくつかある。充電しながら音楽を聴けるのか? というそもそもの疑問も併せて紹介したい。

イヤフォンジャック廃止でどうなる?

 イヤフォンジャック廃止は、iPhone 7の大きな特徴だ。iPhone 7にイヤフォンをつなぐには、「EarPods」などLightning直結タイプのイヤフォンか、Lightning-3.5mmヘッドフォンジャックアダプターを使うか、あるいは「AirPods」のようなBluetoothイヤフォンを使うかのいずれかとなる。充電しながら音楽を聴くには専用のアクセサリーが必要だ。

イヤフォンジャック廃止

1〜2万円で買えるコスパ良好iPhone向けイヤフォンまとめ

 Appleが発売するワイヤレスヘッドセット「AirPods」は、価格が1万6800円(税別)と決して安くない。同じ価格帯の別のワイヤレスイヤフォンを購入するという選択肢もあるだろう。具体的な商品は下記の記事を参照してほしい。

AirPods

新たなウェアラブルデバイス「AirPods」

 AirPodsは、EarPodsとほぼ同じデザインを採用している。左右の違い以外は、2つのAirPodsの中身は同じもので、片方だけ装着しても独立して使用できる。軽い装着感やSiriの呼び出しなども便利で、複数のApple製品を使っているのであれば、生活に取り入れる価値は大いにあるデバイスである、と評価できそうだ(松村太郎さん執筆の記事より抜粋)。

AirPods

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう