連載
» 2016年11月11日 06時00分 UPDATE

iPhoneのホームボタンが故障したときの対処法

[ITmedia]

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「ホームボタン」です。

 iPhoneユーザーが一番酷使する物理キーの1つが、ホームボタンです。使っていると劣化するのは仕方ないとはいえ、ホームボタンが壊れてしまうと、満足にiPhoneを使えません。故障したと思ったら、早めに修理に出しましょう。

まずは本体を再起動

 ホームボタンが反応しないのは恐らくハードウェアの故障が原因だと考えられます。しかし、アプリの不具合の可能性もあるので、まずは本体を再起動してみましょう。

 そして、再起動のついでに、iPhoneケースや保護フィルムがホームボタンを覆っていないか確認を。劣化した保護フィルムがホームボタンの動きを妨げていた、なんてことがあるかもしれません。

解決しない場合は修理に

 再起動してもホームボタンが動かない場合は、iPhone本体が故障している可能性があるため、修理に出しましょう。Appleのサポートページの「修理」→「その他の修理」から詳細がチェックできます。購入から1年未満の製品保証期間内の場合や、AppleCare+に加入している場合は、修理は無料に。なお、過失や事故などでの故障は保証対象外となるためご注意を!

「自分で修理」は自己責任

 Apple以外のサイトでは、ホームボタンの故障を自分で修理するための情報も散見されます。しかし、当然サポート外で自己責任となるので、確実に修理してもらいたい人は公式サポートを利用しましょう。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう