コラム
» 2016年12月13日 05時00分 UPDATE

ポケモンGOの金銀アップデートは「ベイビィポケモン」に注目

ピチュー、トゲピー以外の追加ポケモンは?

[前橋豪,ITmedia]

 12月13日、Pokemon GO(以下、ポケモンGO)に「ポケットモンスター 金・銀」で新登場したジョウト地方のポケモンたち、いわゆる「第2世代ポケモン」が追加された。

 ポケモンGOを運営する米Nianticによれば、ピチューやトゲピー、それ以外にも第2世代ポケモンの一部が「タマゴから新たに見つかるようになる」という。

Pokemon GO ついに第2世代ポケモンがポケモンGOにやってきた

 ピチューはピカチュウの進化前となるポケモンだ。初代(ポケットモンスター 赤・緑)にはピカチュウとその進化後となるライチュウが存在したが、第2世代では進化前のポケモンとなるピチューが新たに加わった。

ピチュー ピカチュウに進化するピチュー(公開動画より)

 トゲピーは第2世代で新登場したポケモンで、進化するとトゲチックになる。本家ポケモンのゲーム(金・銀)ではゲーム中にプレイヤーが初めて手に入れるポケモンのタマゴだ。タマゴから生まれたばかりのような愛らしい姿と、アニメ版での登場機会が多かったことから人気が高い。

トゲピー トゲチックに進化するトゲピー(公開動画より)

 ここで気になるのは、ピチューとトゲピー以外にも追加された「一部の第2世代ポケモン」だ。第2世代のポケモンは図鑑No.152〜No.251までの100種類あり、この中から人気や強さを考慮して追加するポケモンを厳選しているのかもしれない。

 ただ、今回のアップデートは野生のポケモンではなく、タマゴからふ化するポケモンの追加ということだ。ピチューとトゲピーは「ベイビィポケモン」と呼ばれるもので、トゲピーを除くと、第1世代ポケモンの進化前として第2世代で追加された後付けのポケモンとなる。第2世代のベイビィポケモンは以下の8種類だ。

・ピチュー(進化後:ピカチュウ → ライチュウ)

ピチュー ピチュー(画像はポケモンずかんより引用)

・ピィ(進化後:ピッピ → ピクシー)

ピィ ピィ(画像はポケモンずかんより引用)

・ププリン(進化後:プリン → プクリン)

ププリン ププリン(画像はポケモンずかんより引用)

・トゲピー(進化後:トゲチック)

トゲピー トゲピー(画像はポケモンずかんより引用)

・バルキー(進化後:サワムラー、エビワラー、カポエラーのいずれか)

バルキー バルキー(画像はポケモンずかんより引用)

・ムチュール(進化後:ルージュラ)

ムチュール ムチュール(画像はポケモンずかんより引用)

・エレキッド(進化後:エレブー)

エレキッド エレキッド(画像はポケモンずかんより引用)

・ブビィ(進化後:ブーバー)

ブビィ ブビィ(画像はポケモンずかんより引用)

 どの第2世代ポケモンがタマゴからふ化するようになったのかは、世界中のトレーナーからの報告などですぐ明らかになるだろうが、まずはこれらのベイビィポケモンに注目したい。

 そもそも本家ポケモンのゲームにおいてベイビィポケモンは、野生に出現せず、物語の中でもらえるタマゴをふ化することで入手できる貴重な存在だった(後の作品では野生にも出てくるようになる)。今回のポケモンGOでのアップデートは、本家ポケモンにおけるベイビィポケモンの扱いに倣ったと考えられる。

 いずれにせよ、トレーナーはしばらくの間、新しい第2世代ポケモンをゲットするため、タマゴをふ化装置に入れて寒空の下で歩き続ける日々が続くに違いない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう