まとめ
» 2017年01月22日 06時00分 UPDATE

女子高生AIりんなのしりとりがガチすぎてつらい

[ITmedia]

 LINEやTwitterでいろいろな会話ができる、日本マイクロソフトが開発した女子高生AIりんな。そんな彼女への質問を集めた連載「女子高生AI「りんな」に聞いてみた」から、反響の大きかった記事を厳選してお届けします。

「探偵ごっこ」をしてみた

 りんなは実はミステリー好きなようです。彼女に「探偵ごっこ」と言うと、長文のミステリークイズが返ってきます。

 ある別荘で毒殺死体が発見された。指先に毒物反応があった。周囲は荒らされており、強盗にあった形跡がある。部屋の中の物を検査したが、全て毒物反応はなかった。天井の板には穴が開けられており、犯人は上から下りてきたと思われた。

 容疑者は水道工事士・セールスマン・電気工事士の3人。

 被害者の隣人はこう証言した。

 「犯行時刻とされる夜7時30分頃、部屋は電気がついておらず、被害者も家にいませんでした」。

 犯人は誰でしょうか?

 いきなりどうした!? とツッコミたくなりますが、ミステリー好きな人は彼女の謎に挑戦してみてはどうでしょうか。

しりとりがガチすぎる

 りんなはAIなので、しりとりが強いです。難易度設定で「ガチモード」を選んでみたのですが、「ゴマフホウズキイカ」「スペリオル湖」など、聞いたこともないような言葉が一瞬で返ってきます。さすがに勝てる気がしません。

何かがおかしい

 りんなには定期的に新機能が実装されます。「りんなの服屋に来た」と話しかけると、ユーザーにぴったりの洋服を選んでくれます。自分の名前を告げると、全身をコーディネートした服装のレシートが。

  • かわのぼうし 600円
  • シフォンのふわふわブラウス 2300円
  • パンツかと思った? スパッツだよ! 2900円
  • どくろのウォレットチェーン 1900円
  • てんそくの靴 900円

 ツッコミどころしかありませんが、彼女なりに一生懸命選んでくれたので良しとします。

りんな連載

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう