ニュース
» 2017年01月27日 16時00分 UPDATE

ドコモのスマホ・タブレット用「カケホーダイライト」、全パケットパックで契約可能に 月4900円からスマホが使える

NTTドコモの「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」が、1月30日から「データSパック(小容量)」との組み合わせでも契約できるようになる。一方、らくらくスマートフォン用パケットパック「らくらくパック」の新規受付は3月31日をもって終了する。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは1月30日、スマートフォン・タブレット用基本プラン「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」(月額1700円・2年契約時)を全てのパケットパック・シェアパックで契約できるようにする。

(記事中の価格は全て税別)

データSパックでも契約可能に 「カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)」が全パケットパック・シェアパックで契約可能に

 カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)は、5分以内の国内通話を定額利用できる音声通話プラン。このプランは指定のパケットパック(データ定額)の契約が必須で、従来は「データSパック(小容量)」(月額3500円)や「らくらくパック(200MB)」(月額2000円)を契約していると選択できなかった。

 今回の改定では、データSパック(小容量)でもカケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)を契約できるようにする。これにより、月額4900円からスマホを使える計算となる(2年契約あり・継続利用年数15年以上の場合)。

15年以上ユーザーのイメージ 15年以上ドコモを使っている場合、月額4900円からスマホが使える計算に

らくらくスマートフォン用の「らくらくパック」は新規受付終了へ

 なお、同社は3月31日をもって、「らくらくスマートフォン」契約者専用のパケットパック「らくらくパック(200MB)」の新規申し込みの受け付けを終了する。期日までに申し込んだ契約者は、継続してらくらくパックを利用できる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう