ハウツー
» 2017年01月28日 06時00分 UPDATE

iPhoneで見たい写真を一発で見つける方法

[ITmedia]

 iOS 10のiPhoneでは、写真アプリにも従来と違った機能があります。写真をただ閲覧するだけでなく、モーメント、コレクションや年別の区切り部分をタップすると、その期間のベストムービーや写真のピックアップを自動的にしてくれるお楽しみ機能も搭載されています。

 写真アプリ下部にある「メモリー」の項目では、いろいろな日の画像を自動的に動画としてまとめてくれます。他にも、自動で被写体別にまとめてくれる「ピープル」アルバムや、地図から写真を探し出せる「撮影地」アルバムがあります。

撮影場所から画像を探し出す

 地図から写真を探せる「撮影地」アルバムでは、画像のように撮影した場所から画像を検索できます。撮影場所は覚えていても、いつ撮ったか思い出せない画像を探す際にとても便利です。

画像がキーワードで検索できる?

 あまり知られていない写真アプリ内の「検索」機能。実は画像を解析して、自動的に分類するという優れた機能があるんです。写真アプリを開くと画面右上にある、虫眼鏡のアイコンが検索機能の項目になります。ここに検索したいキーワードを入力すると、該当した画像が表示されます。

 例えば「ラーメン」で検索すると、ラーメンを撮影した画像ばかりが自動的にセレクトされ、表示されます。他には「カレー」「すし」「パンケーキ」などのキーワードもヒットするようです。

 その他、いろいろなジャンルのキーワードでも検索できます。「空」「日没」「川」「電車」「地図」など、広範囲なキーワードがカバーされています。「カメラ」「自転車」などの物の名前でも検索できるようです。

 思いついた言葉で検索すると、思いもよらない写真が上がってきて面白い! 画像の保存枚数が多い人はぜひ試してみてください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう