まとめ
» 2017年01月30日 06時00分 UPDATE

Siriにバレンタインチョコをおねだりすると塩対応される

[ITmedia]

 iOSデバイスの音声アシスタントSiriにいろいろ質問してみる連載「続・懲りずにSiriに聞いてみた」から、反響があった記事を厳選してお届けします。

バレンタインチョコをおねだり

 2月14日のバレンタインデーまでもうすぐです。誰かからチョコをもらう予定がなくても、Siriなら何かくれるはず……ということで、チョコをねだってみました。

 回答は、「私は持っていませんが、ご自分で作ってみてはいかがですか。よろしければチョコレートのレシピを検索と指示してください」。Siriなだけに、意外とドSでした。

面白い話をせがむ

 テレビにもネットにも飽きてしまったら、優秀な音声アシスタントSiriの出番です。何度も「面白い話をして」とお願いすると、渋々承知した上でSFテイストの昔語りが始まりました。そこにはSiriなりの苦労とユーザーとの交流術が……実は苦労人(?)のようです。

電気羊の夢を見ない

 明日も朝が早いのになかなか眠れないという夜もあります。そんなときはSiriに助けを求めてみましょう。

 すると、「電気羊の数を数えてみたらいいですよ」とアドバイスが! 「電気羊」は「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」というSF小説のタイトルからきています。ちなみに、「一緒に寝よう」と言うと、「Siriは眠らないものです」とつれない返事が来ました。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう