ハウツー
» 2017年02月04日 06時00分 UPDATE

iPhoneでもっと便利に「検索」する方法

[ITmedia]

 iPhoneで何かを検索したいときは、よく「Safari」を使いますよね。このSafariをより便利に使う方法の他、iPhoneの検索にまつわる小技を紹介していきます(iOS 10で検証)。

「ページ内検索」を使おう

 長いページの中から、お目当てのキーワードを素早く見つけたいときに便利なのが「ページ内検索」機能。PCだと、Macでは「command+F」、Windowsでは「Ctrl+F」で実行できますが、iPhoneの標準ブラウザーであるSafariでも使えます。

 Safariでページを開いたら、いつも通りに検索バーに単語を入れて検索。見たいページを開くところまでは通常通りです。この後に、再度検索バーに見つけたい単語を入力すると、下の画像のように「このページ(○件一致)」と表示されるので、この項目をタップしましょう。

 これで、次に開いたページでは見つけたい単語が黄色くマーキングして表示されるようになります。さらに、画面下にある検索バーには該当件数が表示されており、左端にある矢印をタップすると、ページ内にある単語を順番にチェックすることができます。

「Spotlight検索」を活用する

 天気や株価、単語の意味など、iPhone内にある情報を一気に検索できる「Spotlight検索」。使う内に、どんどん自分仕様のiPhoneになっていく面白い機能です。この便利な機能をまだ使ったことがない人は、ぜひこの機会に試してみましょう。

 「設定」から「一般」を開き、「Spotlight検索」→「Siriの検索候補」をオンに設定します。あとはiPhoneの検索を開くだけです。検索を開くには、ホーム画面を上から下へスワイプするか、ホーム画面の1ページ目を表示させる方法があります。

 これで、検索枠をタップするだけでよく使うアプリが表示される他、検索枠にキーワードを入れるとiPhone内にあるアプリやWebページに関係なく、一気に検索することができます。

 

 ちなみにこの検索に表示されたアプリを強めに長押しをすると、例えばInstagram内のカメラアプリをすぐ起動したり、写真を投稿したりできるので、ショートカットキーのようにも使えます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう