ニュース
» 2017年03月07日 15時31分 UPDATE

マンガで分かる「ソシャゲ問題」 ガンホーが「子どものゲーム安心・安全ブック」公開

ガンホーが、未成年者のゲームトラブル防止を目的とした啓発活動を開始した。学校を中心として冊子の配布や動画の配信を行う。

[溝田萌里,ITmedia]

 ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下、ガンホー)が、3月7日にマンガや動画によってトラブルの防止を呼び掛ける『マンガでばっちり!子供のゲーム安心・安全対策』を開始した。近年増加している未成年者の「高額決済」や「歩きスマホ」「チート」「乗っ取り(なりすまし)」などへの対策を目的とした活動だ。

ガンホー 『マンガでばっちり!子供のゲーム安心・安全ブック』(c)井上桃太 2017

 同社は、以前からゲームトラブル防止のための親向けの啓発活動などを行っており、その反響もあって、今回は新たに小中学生向けの啓発活動へと踏み出した。

 ガンホーの広報担当者は、「啓発活動で難しいのは、まず手にとってもらえるか、見てもらえるか、理解して頂けるのかということです」と話す。『マンガでばっちり!子供のゲーム安心・安全ブック』という配布冊子では、月刊コロコロコミックで連載中の『パズドラクロス』の書き下ろしマンガを活用してなるべく文字数を少なくするなど、幅広く小中学生の関心をひく工夫をした。

ガンホー 描き下ろしマンガ

 冊子の他にも保護者や教員の家庭用視聴といった幅広い用途を考えて、Webサイトにおけるオリジナル動画やPDF版、啓発ポスターなどを用意している。

ガンホー 冊子イメージ

 なお冊子は、神奈川県警との協力のもと、神奈川県内の小・中学校を中心に順次配布していく予定。Webサイトで学校を対象とした、配布の申し込みも受け付けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう