連載
» 2017年04月12日 06時00分 UPDATE

iPhone Tips:Safariのスマホ表示をPC表示に切り替える方法

[ITmedia]

 初心者向けにiPhoneのTipsを紹介する連載「iPhone Tips」。今回のテーマは「SafariでPCビューでWebサイトを見る方法」です。

PC表示
スマホ表示

 SafariでWebサイトを見ようとすると、ほとんどのWebページが自動的にモバイル用のサイトで表示されるようになっています。今ではPCのサイト表示のまま閲覧できるページの方が少なくなりました。スマホ用のページ表示は、PCで見るサイトよりも余白が少なくなっていたり、文字の配置がスマホの小さな画面でも見やすいようデザインが簡略化されていることが多いようです。

 ですがPC表示の方が一覧性に優れていたり、目当ての情報が見られたり、といったことがあります。SafariではPC表示に切り替える方法もあるので、これから紹介する方法でPC←→スマホの表示画面をサクサク切り替えて使ってみましょう。

 方法は下記の2つ。

 ・Safariの画面から切り替える方法

 ・シェアシートから切り替える方法

 簡単で手軽なのはSafariの画面から切り替える方法なので、順番に紹介していきます。

ページの更新ボタンを長押し

 まずSafariで見たいページを開きます。画面の右上にある、通常更新をするときにタップする円形の矢印のアイコンを長押しすると、「デスクトップ用サイトを表示」という項目が出てくるので、ここをタップすればPC用の画面でページが表示されます。

「デスクトップ用サイトを表示」を選んでもOK

 2つ目の方法の「シェアシート」というのは、Safariを開いて画面一番下の真ん中にある、上向きの矢印が書かれたアイコンのことです。このアイコンをタップすると、SNSやメッセージで見ているWebページを共有できます。共有したいときに使われることがシェアシートですが、この項目の端の方に「デスクトップ用サイトを表示」というアイコンがあるので、こちらからも表示の切り替えが行えます。

 PC表示→スマホ表示に戻したいときは、WebサイトのURL部分を長押ししてコピー、新しいタブを開いてペーストするとモバイル用の画面で表示されます。

 モバイル用の画面表示は確かに見やすいのですが、日ごろ見慣れたPC用の表示でページを見たい! というときにも使えそうですね。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう