ニュース
» 2017年05月29日 14時30分 UPDATE

日本語に対応した「Googleアシスタント」 使える端末は? 何ができる?

[井上輝一,ITmedia]
日本語に対応した「Googleアシスタント」

 Googleは5月29日、同社の音声認識AIアシスタント「Googleアシスタント」が日本語に対応したことを発表した。

Googleアシスタントに対応した(?)ドロイド君

 GoogleアシスタントはAndroid 6.0 Mashmallow以降でGoogle Playを搭載する、メモリ1.5GB以上かつ画面解像度720p以上の全てのスマートフォンで利用できる。発表同日から数週間で全ての端末に行き渡るという。

 Googleアシスタントはホームボタン長押しか、「OK, Google」と話しかけることで起動する。これまで長押しで起動していた「Now on Tap」はGoogleアシスタントの一機能となる。(関連記事:Androidのホームボタンを長押しすると出てくるあれって何ができるの?

 Googleアシスタントではやりたい事のサポートや、知りたいことを調べることができるという。実際に何ができるのか、発表会場にあったGoogleアシスタント搭載端末に話しかけてみた。

おはよう
豆知識を教えてくれる
早口言葉も教えてくれる
「機内モードをオンにして」というと機内モードをオンにするが、音声認識にはインターネットを使用するため、手動で機内モードを解除しないと音声を認識しない
アラームの設定もお手の物
車を運転しながらでも、Googleアシスタントに話しかければ交通状況を確かめることも
ボールペンをドイツ語で言うとかっこいい
AIが写真をシチュエーションで識別してくれる
ラム肉のカロリーを聞いた後に「牛肉については」と聞くと文脈を認識して牛肉のカロリーを調べてくれる

 豆知識や早口言葉も教えてくれるユーモラスさの一方、ユーザーとの会話の文脈から、一部省略した質問をしても意味を理解して答えてくれるなど、GoogleのAI技術で高い精度の会話ができる。

 「あなたのためのGoogle」とGoogleが銘打つGoogleアシスタント。今後、スマートフォンだけではなく、腕時計型ウェアラブルデバイス「Android Wear」やホームデバイス「Google Home」、車載向けにも展開していく予定だという。日本語に対応したiOS版も将来的に提供する見込み。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう