ニュース
» 2017年08月17日 17時30分 UPDATE

セルフィーモデルは“デュアル”インカメラ――「ZenFone 4」ファミリーのミドルレンジモデルが3機種登場

「ZenFone 4」の派生機種としてデュアルインカメラを備えた「ZenFone 4 Selfie」「ZenFone 4 Selfie Pro」と、5000mAhバッテリーを備える「ZenFone 4 Max Pro」が登場する。【追記】

[井上翔,ITmedia]

 ASUSは8月17日(台湾時間)、Androidスマートフォンの新機種「ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)」「ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)」「ZenFone 4 Max Pro(ZC554KL)」を発表した。いずれも同日発表された「ZenFone 4」からの派生機種で、スペック的にはミドルレンジモデルとなる。

ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)

 ZenFone 4 Selifeは、名前の通り「セルフィー(自撮り)」機能に特化したモデル。シーンに合わせて使い分けられる2つのインカメラを備えていることが大きな特徴だ。

ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)(正面)
ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)(背面) ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)。左からSunlight Gold、Deepsea Black、Mint Green、Rose Pink

 メインのインカメラ(正面から見て右側)は、2000万画素センサーにF2.0レンズ(画角69度)を組み合わせた「高画素カメラ」となる。サブのインカメラは800万画素センサーにF2.4レンズ(画角120度)を組み合わせた「ワイドアングルカメラ」となる。ワイドアングルカメラは背景をより広く写したい場合や「wefie(複数人での自撮り)」をしたい場合に使う。いずれのインカメラも、LEDライトを使ったフラッシュ撮影に対応する。

 アウトカメラは1600万画素センサーにF2.0レンズを組み合わせている。像面位相差オートフォーカス(AF)やフルHD(1920×1080ピクセル)動画撮影時の6方向・3軸電子手ブレ補正にも対応している。カメラの撮影モードにはマニュアル撮影のできる「Pro Mode」のほか、1600万画素の写真を4枚合成して6400万画素相当の写真を生成する「Super Resolution Mode」やアニメーションGIFファイルを生成できる「Gif Animation Mode」も備えている。

2つのインカメラを搭載 用途に合わせて使える2つのインカメラを搭載

 プロセッサはQualcommのSnapdragon 430(CPU部は1.4GHz×8コア)、メインメモリは4GB、ストレージは64GBを搭載している。外部ストレージは最大2TBのmicroSDXCカードを搭載できる。ディスプレイはHD(720×1280ピクセル)の5.5型IPS液晶を備える。バッテリー容量は3000mAhで、ユーザーによる交換には対応しない。外部接続端子はMicro USBで、USB On-The-Go(USB OTG:外部機器の接続)にも対応する。本体下部にはホームキーを兼ねた指紋認証センサーを備えている。

 SIMカードはNanoサイズを2枚搭載可能で4G(LTE)と3G(W-CDMA)の同時待ち受け(DSDS:Dual SIM Dual Standby)にも対応する。なお、SIMカードとmicroSDは同じトレイに載せて装着する形態だが、スロットは3つともに“独立”している。

 Wi-Fi(無線LAN)はIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯)に対応する。Bluetooth 4.0も利用可能だ。OSはAndroid 7.0で、ASUS独自の「ZenUI 4.0」を備えている。

ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)

 ZenFone 4 Seflie Proは、ZenFone 4 Selfieと同様に2つのインカメラを備える上位機種で、特に高画素インカメラとアウトカメラ回りの機能が強化されている。

ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)(正面)
ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)(背面) ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)。左からDeepsea Black、Sunlight Gold、Rouge Red

 メインのインカメラ(受話スピーカーの左側)は2400万画素のソニー製センサーとF1.8レンズ(画角83度)を組み合わせた「高画素カメラ」となる。サブのインカメラは500万画素センサーにF2.2レンズ(画角120度)を組み合わせた「ワイドアングルカメラ」となる。高画素カメラではHDR(ハイダイナミックレンジ)写真の撮影が可能で、4K(3840×2160ピクセル)動画も撮影できる。いずれのインカメラも、LEDライトを使ったフラッシュ撮影に対応する。

 アウトカメラは1600万画素のソニー製センサーにF2.2レンズ(画角80度)を組み合わせている。メインのインカメラと同様に4K動画の撮影に対応しているほか、マニュアル撮影のできる「Pro Mode」におけるRAW保存も可能だ。

2つのインカメラを搭載 ZenFone 4 Selfieと同様に2つのインカメラを搭載しているが、スペック構成が異なる

 プロセッサはQualcommのSnapdragon 625(CPU部は2GHz×8コア)、メインメモリは3GBまたは4GB(市場により異なる)、ストレージは64GBを搭載している。外部ストレージは最大2TBのmicroSDXCカードを搭載できる。ディスプレイはフルHD(1080×1920ピクセル)の5.5型Super AMOLED(有機EL)ディスプレイを備える。バッテリー容量は3000mAhで、ユーザーによる交換には対応しない。外部接続端子はMicro USBで、USB OTGにも対応する。本体下部にはホームキーを兼ねた指紋認証センサーを備えている。サウンド回りでは、ハイレゾ音源(192kHz/24bit)の再生やヘッドフォンを使った7.1ch仮想サラウンド機能「DTS HeadPhoneX」に対応している。

 SIMカードはNanoサイズを2枚搭載可能で4G(LTE)と3G(W-CDMA)の同時待ち受け(DSDS:Dual SIM Dual Standby)にも対応する。ただし、SIMカードスロット2とmicroSDスロットは“排他”となる。

 Wi-FiはIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯)に対応する。Bluetooth 4.2も利用可能だ。OSはAndroid 7.0で、ASUS独自の「ZenUI 4.0」を備えている。

ZenFone 4 Max Pro(ZC554KL)

 ZenFone 4 Max Proは、5000mAhの大容量バッテリーを備える「電池持ち」重視のモデル。アウトカメラがデュアル構成になっていることも大きな特徴だ。

ZenFone 4 Max Pro(ZC554KL)(正面)
ZenFone 4 Max Pro(ZC554KL)(背面) ZenFone 4 Max Pro(ZC554KL)。左からDeepsea Black、Sunlight Gold、Rose Pink

 バッテリーは46日間の待ち受け、40時間の3G通話、22時間のビデオ再生、26時間のWi-Fi環境下でのWeb閲覧(いずれもメーカー公称の最長値)に対応している。「Super saving mode」にすれば、バッテリー残量10%の状態でも91時間の待ち受けが可能だという。また、他のUSB機器に給電する「Reverse charging」にも対応している。

バッテリー長持ち 大容量バッテリーを生かした利用時間の長さが魅力
Reverse charging 他のUSB機器へと給電する「Reverse charging」にも対応

 アウトカメラは、メインが1600万画素センサーとF2.0レンズ(画角80度)の「高画質カメラ」、サブが500万画素センサーとF2.2レンズ(画角120度)の「ワイドアングルカメラ」となっている。インカメラは1600万画素センサーとF2.0レンズ(画角80度)の組み合わせとなっている。

アウトカメラ アウトカメラは「高画質」と「広角」のデュアル構成となっている

 プロセッサはQualcommのSnapdragon 425(CPU部は1.4GHz×4コア)またはSnapdragon 430(特定市場向けモデルのみ)を搭載する。メインメモリは最大で3GB、ストレージは最大で32GBとなる(市場により異なる)。外部ストレージは最大256GBのmicroSDXCカードを搭載できる。ディスプレイはHDの5.5型IPS液晶を備える。外部接続端子はMicro USBで、USB OTGにも対応する。本体下部にはホームキーを兼ねた指紋認証センサーを備えている。

 SIMカードはNanoサイズを2枚搭載可能で4G(LTE)と3G(W-CDMA)の同時待ち受け(DSDS:Dual SIM Dual Standby)にも対応する。なお、SIMカードとmicroSDは同じトレイに載せて装着する形態だが、スロットは3つともに“独立”している。

3スロット 2枚のNano SIMカードとmicroSDを独立して搭載可能

 Wi-Fi(無線LAN)はIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯)に対応する。Bluetooth 4.1も利用可能だ。OSはAndroid 7.0で、ASUS独自の「ZenUI 3.0」を備えている。

ZenFone 4 Selfie/Selfiie Proの販売価格(18時追記)

 販売価格はZenFone 4 Selfieは279米ドルから、ZenFone 4 Selfie Proは379米ドルからとなる。

「ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)」「ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)」の主な仕様
機種名 ZenFone 4 Selfie(ZD553KL) ZenFone 4 Selfie Pro(ZD552KL)
メーカー ASUS
OS Android 7.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 430/1.4GHz 8コア Qualcomm Snapdragon 625/2GHz 8コア
メインメモリ 4GB 3GBまたは4GB
内蔵ストレージ 64GB
外部ストレージ microSDXC(最大2TB)
ディスプレイ(解像度) 約5.5型IPS液晶(720×1280ピクセル) 約5.5型Super AMOLEDディスプレイ(1080×1920ピクセル)
バッテリー容量 3000mAh
アウトカメラ 約1600万画素 約1600万画素(ソニー製センサー)
インカメラ 約2000万画素+約800万画素 約2400万画素+約500万画素
ボディーカラー Sunlight Gold、Deepsea Black、Mint Green、Rose Pink Deepsea Black、Sunlight Gold、Rouge Red
サイズ 約76.2(幅)×155.7(高さ)×7.85(奥行き)mm 約74.83(幅)×154.02(高さ)×6.85(奥行き)mm
重量 約144g 約147g

「ZenFone 4 Max Pro(ZC554KL)」の主な仕様
機種名 ZenFone 4 Max Pro(ZC554KL)
メーカー ASUS
OS Android 7.0
プロセッサ Qualcomm Snapdragon 425/1.4GHz 4コア
(特定市場向けモデル:Qualcomm Snapdragon 430/1.4GHz 8コア)
メインメモリ 最大3GB(市場による)
内蔵ストレージ 最大16GB(市場による)
外部ストレージ microSDXC(最大256GB)
ディスプレイ(解像度) 約5.5型IPS液晶(720×1280ピクセル)
バッテリー容量 5000mAh
アウトカメラ 約1600万画素+約500万画素
インカメラ 約1600万画素
ボディーカラー Deepsea Black、Sunlight Gold、Rose Pink
サイズ 約76.9(幅)×154(高さ)×8.9(奥行き)mm
重量 約181g

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう