連載
» 2017年11月05日 10時00分 公開

ディスプレイ面にも十字キー! ビデオデッキ代わりにもなる「SH901iC」(懐かしのケータイ)

PCを使わずにテレビ番組を録画できた「FOMA SH901iC」。十字キーをディスプレイ面にも備えていて、ディスプレイを表にして閉じた状態でも、開いたときに近い操作が行えます。

[ITmedia]

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、NTTドコモのシャープ製ケータイ「FOMA SH901iC」です。

「SH901iC」(閉じた正面)
「SH901iC」(開いた正面) 「FOMA SH901iC」

 SH901iCは、FOMA 901iシリーズの先陣を切って発売された回転2軸方式のケータイで、iモードFeliCa(おサイフケータイ)に対応するFOMAケータイの第2弾でもありました。

 ディスプレイ面にも「フロントコマンダー」と呼ばれる十字キーやソフトキーを備え、ディスプレイを表にした「ビューアポジション」でもケータイを開いた状態に近い操作性を実現しています。

「SH901iC」(閉じた背面)
ビューアポジション ビューアポジション

 AV機器連携機能として「TVレコーディング機能」を搭載。別売りのAV出力ケーブルを使い、ビデオデッキやDVDレコーダーなどからSH901iC内のminiSDカードに録画することができました。また、視聴中の番組を録画したり、スケジュール予約録画、テレビリモコンアプリと連携した「EPG予約録画」にも対応し、PCを使わずにビデオデッキのような使い方ができました。

 録画した番組を再生する際は、ビューアポジションの横画面でもフロントコマンダーでボリューム調整や早送りなどが快適に行えました。また、テレビ出力機能も備え、撮影した写真や録画した番組をテレビの大画面で見ることができました。

方向キー回り

「SH901iC」の主な仕様

  • 発売日:2004年12月1日
  • キャリア:NTTドコモ
  • メーカー:シャープ
  • サイズ:約49(幅)×109(高さ)×25(奥行き)mm
  • 重量:約148g
  • メインディスプレイ:2.2型(240×320ピクセル)ASV液晶 26万色
  • アウトカメラ:有効約202万画素CCD
  • インカメラ:有効約11万画素CMOS
  • ボディーカラー:ブラック×カーディナルレッド、ブラック×メタルシルバー、シルバー×プラチナホワイト

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう