レビュー
» 2018年07月03日 15時45分 公開

シンプルだけどオシャレ! UNiCASEオリジナル「MONOCHROME CASE for iPhone X」を試す

スマホアクセサリーショップ「UNiCASE(ユニケース)」のオリジナルiPhoneケース「MONOCHROME CASE」は、その名の通りモノクロパターンがあしらわれていることが特徴。そのiPhone X版を試着してみよう。

[井上翔,ITmedia]

 CCCフロンティアのスマートフォンアクセサリーショップ「UNiCASE(ユニケース)」では、オリジナルiPhoneケースを多く取りそろえている。モノクロのシンプルな柄をあしらった「MONOCHROME CASE(モノクロームケース)」もその1つだ。

 MONOCHROME CASEには「iPhone 8/7」用と「iPhone X」用があり、いずれも標準価格は2750円(税別)。この記事ではiPhone X用の製品を実際に試す。

MONOCHROME CASE for iPhone X MONOCHROME CASE for iPhone Xの全ラインアップ

ハイブリッド構造でしっかり保護

 MONOCHROME CASEは、側面の素材にTPU(熱可塑性ポリウレタン)、背面の素材にポリカーボネートを採用したハイブリッド構造となっている。側面をTPU素材としたこともあり、ケースの着脱は比較的容易。ケースを気分によって着け変えるという人でも安心だ。

 キー部分にはしっかり押し込めるボタンが用意されている。スイッチやLightning端子、スピーカー・マイク周辺部は切り抜かれている。端子部の切り抜きは少し大きめなので、コネクターが大きめでも問題なく使えそうだ。

左側面右側面 左右側面のキー部分には押し込めるボタンがある。サウンドスイッチの部分には切り抜きがある
下部 下部のLightning端子、スピーカー、マイク部分も切り抜かれている

 背面のポリカーボネートは、アウトカメラの高さよりも若干厚みがある。このおかげで、カメラと地面との「正面衝突」を防げることはもちろんだが、背面側を下にして置く時にガタ付きを抑えられるという効果もある。

 カメラの「でっぱり」によるガタ付きは、意外と気になるもの。あえてカメラよりも厚みを持たせたポリカーボネートは、背面置き派にとっては「福音」といえそうだ。

カメラ周辺部 背面のポリカーボネート素材は、アウトカメラの「でっぱり」よりも厚い。アウトカメラに対する保護性能を高め、背面を下にして置いた際の安定度も向上する

「5種類×2色」から選択可能

 ケース背面の模様は、「Hexagon(ヘキサゴン)」「Thin Stripe(シンストライプ)」「Triangle Pattern(トライアングルパターン)」「Slash Stripe(スラッシュストライプ)」「Gradation Dot(グラデーションドット)」の5つから選択できる。

 それぞれの模様に「Black(ブラック)」と「White(ホワイト)」が用意されており、ケースとしては全部で10種類存在することになる。

 今回はシルバーのiPhone Xに全種類装着してみた。参考にしてほしい。

Hexagon

 Hexagonは、その名の通り六角形のパターンが織り込まれている。六角形が立体的に折り重なることで、立体的に見えるのが面白い。

 iPhone Xの背面も比較的良く見えるので、筆者としてはイチオシだ。

Hexagon(Black)Hexagon(White) Hexagon(左がBlack、右がWhite)

Thin Stripe

 Thin Stripeは、縦方向に細い線(ストライプ)が織り込まれている。こちらもiPhone Xの背面が比較的良く見える。

Thin Stripe(Black)Thin Stripe(White) Thin Stripe(左がBlack、右がWhite)

Triangle Pattern

 Triangle Patternは、その名の通り三角形のパターンが織り込まれている。ケースの下部から上部に行くほど三角形は大きくなっていく。

Triangle Pattern(Black)Triangle Pattern(White) Triangle Pattern(左がBlack、右がWhite)

Slash Stripe

 Slash Stripeは、斜めのストライプが織り込まれている。ストライプは右から上がっていき、下方にあるものほど太くなる。

Slash Stripe(Black)Slash Stripe(White) Slash Stripe(左がBlack、右がWhite)

Gradation Dot

 Gradation Dotは、ドット(水玉)模様があしらわれている。グラデーションの名の通り、ケースの上方から下方に向かって、ドット模様が大きくなる。

 最終的にドットはケース下端で「降り積もる」ようにつながりを持つ。Whiteだと雪が降っているようにも見える。

Gradation Dot(Black)Gradation Dot(White) Slash Stripe(左がBlack、右がWhite)

 「シンプルでもデザイン面で個性のあるケースがほしい」という人に、MONOCHROME CASE for iPhone Xはオススメだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう