ニュース
» 2018年07月10日 11時39分 公開

ソフトバンク、東証に上場予備申請 「準備が整ったと判断」

ソフトバンクが東京証券取引所へ新規上場予備申請を行った。さらに強固な経営基盤を持つ事業会社となる準備が整ったと判断したため。2018年2月からソフトバンクの株式上場の準備を進めてきた。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクは7月9日、東京証券取引所へ新規上場予備申請を行った。

 ソフトバンクグループとソフトバンクは、2018年2月からソフトバンクの株式上場の準備を進めてきた。今回、ソフトバンクがより自律的な経営視点と成長戦略を持ち、国内外のグループ各社と連携して幅広い領域に事業展開することで、さらに強固な経営基盤を持つ事業会社となる準備が整ってきていると判断し、新規上場予備申請を行ったという。

 ソフトバンクは上場後も国内通信事業を展開する連結子会社であることが前提となる。

 東京証券取引所にソフトバンクが株式を上場するためには、日本取引所自主規制法人による上場審査を経て、東京証券取引所から上場承認を得る必要がある。現時点で上場可否と上場時期は確約されていない。

ソフトバンク ソフトバンクのリリース

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう