レビュー
» 2018年07月20日 17時30分 公開

Appleファン必見! Spigenの“アニバーサリー”iPhone Xケースを試す

Spigenが「iPhoneの10周年」と「iMacの20周年」を記念したiPhone X用スマホケースを発売した。Appleファンには見逃せないアイテムを早速試してみよう。

[井上翔,ITmedia]

 今年(2018年)は、初代「iMac」の発売から20年、日本未発売の初代「iPhone」の発売から10年というアニバーサリーイヤー。Appleファンにとっては感慨深い年だ。

 そんな記念すべき年に、スマートフォン・タブレット向けアクセサリーを手がけるSpigen(シュピゲン)が「Classic C1(クラシックシーワン)」「Classic One(クラシックワン)」なるiPhone X用スマホケースを発売した。

 前者は初代を含むブラウン管モニターを備えるiMac、後者は初代iPhoneをモチーフにしたタフネスケース。TPU(熱可逆性ポリウレタン)素材とポリカーボネート素材を組み合わせたハイブリッド構造で、米国防総省の物資調達基準「MIL-STD 801G(MIL規格)」に準拠した耐衝撃性能を備えている。

(価格は全て税込

パッケージ Classic C1(左)とClassic One(右)のパッケージ

Classic C1(ボンダイブルー)

 先述の通り、Classic C1はブラウン管モニターのiMacを意識したデザインのケース。「ボンダイブルー」「ルビー」「セージ」「グラファイト」「スノウ」の5色を用意している。参考価格は4980円だ。

今回は、初代iMacのカラーでもあるボンダイブルーのケースを装着してみた。

Classic C1を装着(正面)Classic C1を装着(背面) Classic C1(ボンダイブルー)を装着したiPhone X(シルバー)

 ケース外側の半透明なポリカーボネート素材は、2分割できるようになっている。初代iMacのように内側(TPUケース)のパターンが透けて見えるようになっている。素材の模様が見えるようになっている。

 TPUケースは外側には本体内部のパーツを模した模様、内側には「Hello(again)」という分かる人にはすぐ分かる文字と、初代iMacを模した模様が印字されている。本体背面のAppleロゴの部分は切り抜かれていて、ポリカーボネート部分を通して見えるようになっている。

 「エアクッション」構造や画面よりも高い縁など、スペシャルケースながらSpigenケースでおなじみの要素もしっかり取り入れている。

 このケースはSpigen直販ストアと、ビックカメラ、 ヤマダ電機、 ヨドバシカメラ、UNiCASEの各店頭・Web通販で取り扱っている。

ポリカーボネート素材部分 外側に来るポリカーボネート素材は2分割構造。外れてしまった時は小さい方のパーツを大きい方にはめ込めばOKだ
TPUケース(外側) TPUケースの外側。本体内部のパーツを模したパターンが入っている。描き込まれている「注意書き」もなかなか本格的
TPUケース(内側) TPUケースの内側。iMac G3をモチーフとしたパターンが入っているが「Appleとは無関係の製品である」旨の表記もある
左側面 左側面
右側面 右側面
底面 底面

Classic One

 Classic Oneはシルバーとブラックのツートーンカラーの初代iPhoneをモチーフとしたケース。国内ではAmazonストア限定販売で、参考価格は4390円だ。

Classic Oneを装着(正面)Classic Oneを装着(背面) Classic Oneを装着したiPhone X(シルバー)

 ポリカーボネートパネルはケース背面の5分の4程度を覆うように取り付ける。背面の残り5分の1は、TPUケースが露出するような感じだ。

 TPUケースの内側には初代iPhoneの10周年を祝うメッセージが刻まれている。Classic C1と同様に、エアクッション構造や画面よりも高い縁など、Spigenケースでおなじみの要素もしっかり取り入れている。

 最新のiPhone Xを使いつつ、(日本では発売されなかったものの)スマホの世界に衝撃を与えた初代iPhoneに思いをはせる――そんな使い方のできる便利なケースだ。

ポリカーボネートパネルとTPUケース ポリカーボネートパネル(左)は、TPUケース(右)の上部約5分の4の長さしかない。残り5分の1はTPUケースが「露出」する形となる
TPUケース(内側)
左側面 左側面
右側面 右側面
底面 左側面

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう