ニュース
» 2018年10月17日 13時00分 公開

VoLTE通話の音質を改善――「AQUOSケータイ SH-02L」2019年春発売

ドコモのシャープ製「AQUOSケータイ」に約2年ぶりの新機種が登場。VoLTE通話において新コーデックを適用することで、対応機種同士の通話音質が向上する。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモは2019年春、シャープ製spモード対応携帯電話「AQUOSケータイ SH-02L」を発売する。月々サポート適用後の実質価格は1万円程度を見込んでいる。

AQUOSケータイ SH-02L(閉じた状態)
AQUOSケータイ SH-02L(開いた状態) AQUOSケータイ SH-02L(左からゴールド、ピンク、ブラック)

 AQUOSケータイ SH-02Lは、2016年冬モデルとして登場した「AQUOSケータイ SH-01J」の後継機種。SH-01Jの基本的なコンセプトを継承しつつ、レシーバー(受話口)のさらなる大型化、バイブレーション(振動)の強化などケータイとしての使い勝手を改善した。カラーはゴールド、ピンク、ブラックの3色となる。

 メインディスプレイは3.4型QHD(540×960ピクセル)液晶で、サブディスプレイとして0.9型のモノクロ有機ELディスプレイを搭載している。画面表示では、シャープ製の一部のスマートフォンに実装されている「はっきりビュー」を新たに搭載。年齢による見え方の変化に合わせた画面の色彩調整ができるようになった。

 メインメモリは1GB、内蔵ストレージは8GBを備える。外部ストレージは最大32GBのmicroSDHCに対応する。カメラは約800万画素のセンサーを備える。

 バッテリー容量は1680mAh。最近のシャープ製スマートフォンに搭載されている「インテリジェントチャージ」にも対応しており、バッテリー寿命に配慮した充電を可能としている。充電は外部接続端子(Micro USB端子)経由で行う。

 VoLTE通話は通常音質の「HD」対応で、より高音質な「HD+」には対応しない。しかし、HD通話のコーデックとして「EVS-WB(Enhanced Voice Services - Wide Band)」も利用することで、わずかながら伝送できる声の周波数帯を広げた。ただし、EVS-WBを利用するには、相手先も同コーデックに対応する機種(※)である必要がある。

※ 10月17日現在、SH-02Lの他に「Galaxy Note9 SC-01L」が対応している

 その他、ビジネスシーンを考慮して「ボイスレコーダー」機能を新たに搭載。海外ローミング機能も拡充し、LTEでもローミングできるようにすることで特にヨーロッパや東南アジアにおける通信の快適性を向上した。

「AQUOSケータイ SH-02L」の主な仕様
機種名 AQUOSケータイ SH-02L
メーカー シャープ
内蔵ストレージ 8GB
外部ストレージ microSDHC(最大32GB)
ディスプレイ 3.4型QHD液晶
解像度 540×960ピクセル
バッテリー容量 1680mAh
連続通話時間 未定
連続待受時間 未定
ボディーカラー ゴールド、ピンク、ブラック
ボディーサイズ(予定) 51(幅)×115(高さ)×17.2(厚さ)mm
重量(予定) 120g台

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう