ニュース
» 2018年11月01日 15時50分 公開

テーマは「協争」:KDDIと楽天が決済・物流・通信分野における資産の相互活用で合意 楽天MNOはauネットワークにローミング

KDDI・沖縄セルラー電話(au)と楽天が、資産の相互利用で合意に至った。auは楽天の決済・物流基盤を利用する一方、楽天モバイルネットワークはモバイルネットワークのエリア整備が完了していない地域においてauのモバイル通信ネットワークをローミング利用する。

[井上翔,ITmedia]

 KDDI、沖縄セルラー電話と楽天は11月1日、決済・物流・通信分野における資産の相互利用について合意したことを発表した。KDDIと沖縄セルラー電話(以下両社まとめて「KDDI」)は楽天の保有する決済・物流基盤を利用する一方、楽天は子会社の楽天モバイルネットワーク(RMN)がモバイル通信ネットワークを整備していない地域においてauのモバイルネットワークをローミング利用する。

合意内容の概要 3社の合意内容の概要

KDDI:楽天の決済・物流基盤を利用

 KDDIは2019年4月から順次コード決済サービス「au PAY」の提供を開始する予定となっている。またKDDIは「Wowma!(ワウマ)」や「au WALLET Market」など物販(コマース)事業にも注力している。

 今回の合意では、決済分野において楽天が「楽天ペイ(アプリ決済)」を始めとする決済プラットフォームとその加盟店網をKDDIに提供することで、楽天ペイの加盟店でau PAYを利用できるようにする。

 物販分野についても、楽天がWowma!に対して物流サービスを順次提供する。KDDIが楽天の「ワンデリバリー」構想を共同で推進するような形となる。

楽天Pay 楽天Pay加盟店でau PAYを利用できるようにする
ワンデリバリー 楽天が7月に発表したワンデリバリー構想。これにKDDIも参加する

楽天:MNO事業のエリア整備未完地域でauネットワークを利用

 楽天は、RMNを通して2019年10月をめどにモバイル通信事業(MNO事業)を開始する予定だ。

 今回の合意では、KDDIが保有するau通信ネットワークをRMNにローミング提供することで、RMNがサービスイン当初から全国エリアをカバーできるようにする。

 なおローミング期限は2026年3月31日までで、RMNが自前のネットワークを完成させた地域から順次ローミングサービスを終了(RMNの自前ネットワークに移行)することになっている。サービス開始当初のローミングエリアは東京23区、大阪市、名古屋市を除く全国エリアだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう