トップ10
» 2018年12月10日 14時30分 公開

Mobile Weekly Top10:ソフトバンク・Y!mobileで約4時間の通信障害/「PayPay」フィーバー

ソフトバンクとY!mobileの4G LTEネットワークを使う通信サービスが、12月6日に大規模な通信障害を起こしました。その原因は意外なことに「ソフトウェアの証明書」でした。

[井上翔,ITmedia]

 今回のITmedia Mobile Weekly Top10は、2018年12月3日から12月9日までのアクセスを集計し、ランキング化しました。

圏外なソフトバンクのiPhone 12月6日、ソフトバンクとY!mobileに通信障害が発生

 1位4位には、12月6日13時59分頃から18時4分まで発生したソフトバンクとY!mobileの通信障害に関する記事が入りました。

 ソフトバンクとY!mobileは2月に一部地域で固定電話との音声通話がしづらくなる障害、9月に迷惑メールフィルターの不具合によるメール消失といった問題を起こしています。

 4位の記事にある通り、今回の障害はエリクソン(Ericsson)製のパケット交換機における障害が原因で、他国の複数キャリアでも同様の障害が複数報告されています。今回の障害の原因は「証明書の期限切れ」。筆者的には予想外の原因でした。

 とはいえ、1年の間に3度も広範囲に影響を及ぼす問題を起こしていることは真摯(しんし)に反省し、より安定したサービスの提供に努めてほしいと思います。

PayPay 皆さんは「PayPay」使っていますか?

 2位3位は、ソフトバンクとヤフーの合弁会社が運営するコード決済サービス「PayPay(ペイペイ)」に関する記事です。

 これら2記事にアクセスが集中した背景には、12月4日から始まった「100億円あげちゃうキャンペーン」があると思われます。12月4日以降、ビックカメラの複数店舗を訪れる機会がありましたが、特に12月8日・9日は一部の売り場で長い行列ができていました。多くの人がPayPayを使って決済していたことから、このキャンペーンのインパクトはある意味で強烈であることが証明されたのだと思います。

 ただ、PayPayを含め、コード決済には加盟店側(使われる側)には大きなメリットがある一方で、ユーザー(使う側)のメリットはそれほど大きくないという課題もあります。大規模なキャッシュバックが終わった後、引き続き“使ってもらえる”のでしょうか。お金で釣るだけではなく、継続して使うための強い“魅力”も身につけてもらいたいものです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう