連載
» 2006年08月22日 12時23分 UPDATE

アキバツアーズ2006 第1回:“アキバ”に詳しいのね、と言われたい 〜前編〜 (1/2)

物欲に駆られた魂の救済をめざす「アキバツアーズ」。第1回と第2回ではマニアックでレアなPCパーツをそろえるショップを紹介する。デートコースでは、ない。

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

 物欲に駆られた漢(をとこ)たちの魂を鎮魂する街――秋葉原。大規模な再開発“アキバ”を舞台にしたドラマなどの影響で秋葉原の観光地化は急速に進んだが、たとえ旧日通ビル脇の自販機前で恋人同士がおでん缶を片手に記念撮影しているという、従来のマニア層にとってはいろいろな意味で痛々しい光景を見かけるようになった現在でも、この街の魅力の1つが密集したPCパーツショップにあることに変わりはない。2006年版「ITmediaアキバツアーズ」の第1回と第2回では、マニアックなPCパーツがそろうショップを紹介しよう。

 アキバのPCパーツショップを地図で俯瞰すると、JR秋葉原駅から北西のエリアに集中していることが分かる。とくにレアなPCパーツを探したり、価格比較をしながら購入を検討するなら、中央通りを挟み蔵前橋通りと昌平橋通りがぶつかる交差点までのエリアを回るのが効率的だ。今回は秋葉原クロスフィールドから反時計回りで巡回してみる。

マルチ液晶アームや面白パーツの実物を展示

店舗情報
店舗名 サンコーレアモノショップ東京秋葉原店
場所 東京都千代田区外神田4-2-6
電話 03-5297-5783
Webサイト http://www.thanko.jp/
営業時間 10:00〜19:00
休業日 火曜日・夏冬休業日

 JR秋葉原駅の電気街口を北に抜けると、駅前広場を挟んでダイビルとUDXがそびえ立つ秋葉原クロスフィールドに出る。そのUDXの向かいにある素敵な色づかいのビル(外壁がピンク、正面がブルー)が「サンコーレアモノショップ東京秋葉原店」だ。以前はサプライ品メーカーであるJTTの直販ショップ「JTTスクウェア」が入店していた場所で、外装もほぼそのままに営業している。

 サンコーのWebショップは、ムレたお尻をUSBで冷やす“ひんやりクッション”筋トレ機能付きマウスといった珍品でご存じの方も多いはず。リアル店舗では、これらの展示品が多数並んでおり、手にとって使い勝手をチェックできる。ロングセラーの「16軸式くねくね4モニタアーム」(1万5800円)など、実用性に優れたアイテムも豊富だ。

og_akibat_003.jpgog_akibat_004.jpgog_akibat_005.jpg 店内にはWebショップでおなじみのレアモノの数々が展示されている。ショップ曰く、「単に珍しいだけでなく、便利に使えるアイデアを重視して仕入れる製品を判断しています。製品に触れて、使いやすさを体感してください」とのこと

超豪華なショップブランドマシンが並ぶ

店舗情報
店舗名 フェイス秋葉原本店
場所 東京都千代田区外神田4-9-2
電話 03-3526-3285
Webサイト http://www.faith-go.co.jp/
営業時間 11:00〜20:00(月〜土)、11:00〜19:00(日祝)
休業日 年中無休

 サンコーレアモノショップからそのまま秋葉原クロスフィールドの並びをまっすぐ抜けると、通りの向こう側に黒地に白の文字で「Faith」の看板が見えてくる。今年5月にリニューアルオープンしたばかりの「フェイス秋葉原本店」だ。

 同店はPCケースや液晶ディスプレイの品ぞろえが豊富で、CPUやHDDなどのパーツ類もロープライスで提供している。リニューアル後は、ショップブランドPCの展示数を増やしており、ハイエンドパーツを搭載したマシンの性能を間近で見ることができる。

og_akibat_006.jpgog_akibat_007.jpgog_akibat_008.jpg 新装した店内にはQuad-SLI搭載マシンなどのデモ機が多数展示されている。「ショップブランドマシンの見積もりもすばやくできます」と、店頭スタッフの宮森さん。手にしているのは、19型ワイド液晶を搭載する巨大ノート「Progress TX シリーズ」

光モノや水冷が豊富な冷却パーツの老舗ショップ

店舗情報
店舗名 PCパーツショップ・CUSTOM
場所 東京都千代田区外神田4-7-2 小林ビル5F
電話 03-3526-5333
Webサイト http://www.pc-custom.co.jp/
営業時間 12:00〜19:00(月〜火、木〜金)、11:00〜19:00(土日祝)
休業日 水曜日、第3火曜日

 中央通りに出て銀座線末広町方向に歩くと、ビル群の脇に「PCパーツショップ・CUSTOM」の看板が見つかる。上を見上げれば、小林ビルの5階にショップの横断幕が垂れているのですぐに分かるはず。

 PCパーツショップ・CUSTOMは、冷却パーツやサプライ品を扱っている。ブームになる以前から光モノや水冷キットなどを積極的に入荷していた老舗ショップだ。店内の陳列ケースにはCPUクーラーがズラリと展示され、カウンター付近には電源ユニットのデモ機が複数台並ぶ。流行になる前の先物買いをしたいアキバ通は是非押さえておきたい。

og_akibat_009.jpgog_akibat_010.jpgog_akibat_011.jpg IOプラザAKIBAのある区画を進むと、歩道脇にCUSTOMの看板が見えてくる。「水冷パーツのチューブ径を変えるアダプタなども人気です」と、スタッフの田中さん

オーディオ作りに回帰する玄人が集う店

店舗情報
店舗名 SuperCOM
場所 東京都千代田区外神田4-7-3 若松通商ビル2F
電話 03-3257-9431
Webサイト http://www.comsate.co.jp/supercom/
営業時間 10:30〜20:30
休業日 年中無休

 末広町の地下出入り口付近に若松通商ビルがあり、1階は「PC・SHOP Wakamatu」が店を構えている。その2階に、PCだけでなくオーディオ自作ユーザーにも評判の「SuperCOM」がある。

 SuperCOMは、外付けHDDケースやケーブル類などのPCパーツとともに、自作オーディオキットや基板、真空管などの品揃えが特徴だ。1年前の取材時は、PCパーツ対オーディオパーツの売れ行きが互角とのことだったが、現在は1対2の割合で、オーディオ関連製品が売れているという。

 同ショップは「昔、オーディオからPC自作に移った人が、再びオーディオ作りに戻ってきているようです。現在は、真空管ブームが落ち着いて、PCとも接続できるデジタルアンプ関連が人気を集めています」と話す。マニアといえば、PCマニアではなくオーディオマニア、という昔気質の人も足を運んでみてほしい。

og_akibat_012.jpgog_akibat_013.jpgog_akibat_014.jpg 地下鉄入り口のすぐそばにある若松通商ビル。PC・SHOP Wakamatuの商品棚の向こうに、SuperCOMへと続く階段がある。SuperCOMの店内にはスタッフが組み立てた真空管アンプなどの展示品が飾られている
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.