ニュース
» 2008年01月10日 20時25分 UPDATE

史上最速のMac:45ナノの“標準8コア”Mac Proは、高い? 安い?

アップルは、先日受注を開始した最新Mac Proの説明会を開催した。アプリベンチで最大2倍の性能を叩き出すこの新モデル、実は安い?

[後藤治,ITmedia]

新旧の標準モデル比較では最大2倍の高速化

og_macpro_001.jpg

 アップルは1月10日、プロシューマー向けデスクトップPC「Mac Pro」およびラックマウント型サーバ「Xserve」の新モデルに関して、製品説明会を開催した。既報の通り、両モデルともにアーキテクチャを一新し、45ナノメートル製造プロセスのクアッドコアCPU(Xeon 5400番台)を採用しているのが最大の特徴だ。製品説明を担当したアップル プロダクトマネージャー鯉田潮(こいだうしお)氏は、Mac Proを中心に、ハードウェアの進化点や、従来機種との性能比較、最新Mac OS X v10.5などに言及し、「(今回の)Mac ProとLeopardの組み合わせが、マルチコアCPUと64ビットの性能を最大限に引き出せる環境だ」と自信を見せる。

og_macpro_002.jpg 45ナノのクアッドコアCPUを2基搭載する新システム

 今回のモデルチェンジで最も目を引くのがCPUだ。具体的には、従来モデルで採用していた65ナノCPU(開発コード:Woodcrest、Clovertown)を、Penryn世代の45ナノCPU(開発コード:Harpertown)に変更した。これにより2次キャッシュ容量が12Mバイト(3Mバイト×4)に増加し、新命令セットのSSE4に対応するなど、大幅に機能強化が図られている。また、新Mac Proに搭載される5400番台のXeonは、FSB 1600MHzに対応したモデル(型番の末尾が2)で、特に最上位の3.2GHzは「5400番台の中でも最も速く、他社でも採用はない」(鯉田氏)と性能面をアピールする。これにあわせてメモリクロックも667MHzから800MHzに引き上げられ、メモリスループットで約60%ほど高速化しているという。

og_macpro_003.jpgog_macpro_004.jpgog_macpro_005.jpg 45ナノメートルプロセスルールのクアッドコアCPUを採用(写真=左)。FSBも1333MHzから1600MHzに向上した(写真=中央)。搭載メモリ容量も、4Gバイト FB-DIMM×8の構成で最大32Gバイトに倍増している(ちなみにオンラインのApple Storeでは、この構成だとメモリだけで+116万3820円になる)

 鯉田氏は、従来の標準構成モデル(クアッドコア)と、新しい標準構成モデル(8コア)を比較したベンチマークテストの結果を示しながら、動画編集など処理の重いプロシューマー向けアプリケーションであれば約2倍、Photoshop CS3のようなアプリケーションでも30%ほどの高速化が見込めると説明する。「単純に考えて、作業にかかる時間が半分になれば、業務の生産性は2倍に上がるわけです」(鯉田氏)。

og_macpro_006.jpgog_macpro_007.jpgog_macpro_008.jpg 従来の標準モデル(クアッドコア 2.66GHz)と、新しい標準モデル(8コア 2.8GHz)の性能比較。同社によれば整数演算で1.9倍、浮動小数点演算で1.7倍の性能を発揮するという(写真=左)。アプリケーションベンチの比較でもFinal Cut Proのようなプロ向けソフトでは、2倍に近い性能を叩き出している(画面=中央)。テクニカルベンチマークテストでも、CPUへの依存度が高いものは2倍に近いスコアが出ている(写真=右)

og_macpro_009.jpgog_macpro_010.jpgog_macpro_011.jpg 3Dレンダリングのデモも行われた。左が従来モデル、右が新モデル

グラフィックス性能や拡張性もアップ

 グラフィックス性能も強化された。拡張スロットは、PCI Express 2.0 x16を2基と、PCI Express x4を2基用意し、標準でATI Radeon HD 2600 XT搭載カード(グラフィックスメモリは256Mバイト)を備えるほか、オプションにGeForce 8800 GT(同512Mバイト)や、Streo-in-a-Window(3次元を可視化するアプリケーション)対応の3Dステレオポートを搭載したQuadro FX 5600(同1.5Gバイト)もラインアップしている。また、すべてのカードでデュアルリンクDVIを2ポート備え、最大で8枚の30インチディスプレイを同時に接続できるようになった(ATI Radeon HD 2600 XT×4の構成)。

 なお、Doom 3ベンチで従来モデルの標準構成だったGeForce 7300 GTと比較すると、ATI Radeon HD 2600 XTで1.4倍、GeForce 8800 GTで2.2倍ほど高速化されているという。

og_macpro_012.jpgog_macpro_013.jpgog_macpro_014.jpg ラインアップされるグラフィックスカードは、ATI Radeon HD 2600 XT(写真=左)、GeForce 8800 GT(写真=中央)、Quadro FX 5600(写真=右)の3種類。Radeon HD 2600 XTは2/3/4枚の構成も選択できる

og_macpro_016.jpgog_macpro_017.jpgog_macpro_018.jpg グラフィックスの強化点(写真=左)。拡張スロットはPCI Express 2.0に対応した(写真=中央)。Doom 3ベンチ比較。GeForce 7300 GTの64FPSに対して、Radeon HD 2600 XTが88FPS、GeForce 8800 GTは141FPSとなっている(写真=右)

 一方、HDD容量も標準で250Gバイトから300Gバイトに増量したほか、最大搭載容量も1Tバイト×4基の構成を選択できるようになっている。従来同様にオプションでRAIDカードを用意しており、RAID 0、1、5、0+1、拡張JBODを構築可能だ。また、性能を重視する向きには、15000rpmのSASドライブ(Serial Attatched SCSI)も用意されている。

og_macpro_019.jpgog_macpro_020.jpgog_macpro_021.jpg オプションには、256Mバイトのキャッシュメモリを搭載するRAIDカードが用意されている(写真=左)。SAS/SATAドライブでRAID 5を組んだときのパフォーマンス比較(写真=中央/右)


 標準構成で34万9800円、BTOで最高のパーツを選択していくと300万円を軽く超えてしまう最新Mac Proだが、アップルはコストパフォーマンスでも他社製品を圧倒していると語る。

 同社は、Xeon 5400番台を採用する高性能なデスクトップPCの代表として、デルの「Precision T7400」(2.83GHz 8コア/1333MHz)とHPの「xw8600/CT」(3.0GHz 8コア/1333MHz)を挙げ、“同じようなスペック”で価格を比べれば、10万円〜15万円ほどMac Proのほうが安いと主張する。また、FSBクロックの優位性(1600MHz)などを指摘し、「おそらくこちらのほうがパフォーマンスも高い。エンドユーザーにメリットのある価格になっていると思う」(鯉田氏)と自信を見せた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-