ニュース
» 2008年10月29日 12時36分 UPDATE

NEC、“11n テクノロジー”対応の11b/g無線LANルータ「AtermWR4500N」

NECおよびNECアクセステクニカは、IEEE802.11gの通信速度を高める“11n テクノロジー”を搭載したIEEE802.11b/g対応無線LANルータ「AtermWR4500N」を発表した。

[ITmedia]
photo PA-WR4500N/PA-WR4500N/NU

 NECおよびNECアクセステクニカは10月29日、“11n テクノロジー”を搭載したIEEE802.11b/g対応無線LANルータ「AtermWR4500N」を発表、11月下旬より出荷を開始する。無線LANルータ単体モデルのほか、USBスティック型無線LANアダプタ「WL300NU-G」を付属したセットモデル「PA-WR4500N/NU」も用意。価格は双方オープンだ。

 AtermWR4500Nは、IEEE802.11b/gをサポートする無線LANルータ。新たに、IEEE802.11nの高速化技術を応用した11g高速化機能である“11n テクノロジー”に対応したのが特徴で、従来の11gの約3倍となる最大150Mbpsの通信速度(理論値)を実現している。

 本体内には2本のアンテナを内蔵しつつ、送受信機能を最適化した「ロングレンジ設計」により遠距離でも高速通信が可能だ。設定をワンボタンで行える「らくらく無線スタート」に対応、マルチSSID機能も利用できる。

 有線ポートは10/100BASE-TXポート5基を装備(WAN側1ポート/LAN側4ポート)。本体サイズは35(幅)×128(奥行き)×160(高さ)ミリ、重量は約0.3キロ(ACアダプタ除く)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう