ニュース
» 2009年01月28日 16時00分 UPDATE

2009年走り始め:発売したてのiLife '09を触りにアップルストア銀座へ走った

Macworldでの発表から約3週間がたち、ついに「iLife '09」の店頭販売が始まった。アップルストア銀座の模様をお届けする。

[田中宏昌,ITmedia]

すべての展示機にiLife '09がインストール済み

ht_0901ap01.jpg アップルストア銀座

 既報通り、1月28日にアップルは全国のApple StoreにてiLife '09を発売した。1月7日に開催された、Macworld Conference & Expo 2009での1月中の発売という公約が守られた格好だ。ITmediaにほど近いアップルストア銀座でも即日販売が開始され、店頭はにぎわいを見せていた。

 アップストア銀座内のMacには、全モデルにiLife '09が導入済みで、多くの人が新機能を試していたのが印象的だ。開店時には20人強の人が店頭に並び、iLife '09のパッケージをはじめ、iLife '09入りDVDメディアが付属したMacBookなどを買っていったという。といのも、現時点でMac製品にプリインストールされているのは従来のiLife '08のままで、iLife '09に切り替わるまで時間差が生じるからだ。本日からiLife '09をプリインストールしたMacが出荷される前にアップルストア店頭でMacを買った場合には、iLife '09の無償DVDメディアがセットになっている。ちなみに、1月7日以降にMac本体を購入したユーザーには、「iLife Up-To-Dateアップグレードパッケージ」が用意される(発送手数料として980円は必要)。

 店頭では、iLife '09の新機能を実際に試すことができる。iPhoto '09では、顔認識により画像が自動的に分類されたり、GPSジオタグを埋め込んだ写真とGoogle マップとの連動などを楽しめる。特にiMovieでは、地図アニメーションや手ブレ補正といった新機能を使ったデモムービーを見たり編集が可能で、GarageBandでは音声が日本語化された基本レッスンを受けることができる(有料コンテンツはデモ機に含まれていなかった)。同社では、キーボードによる入力作業もユーザーのストレスであると考え、センスさえあればマウス操作だけで高度な内容の作品を作れるのがウリだ、とアピールしている。

 iLife '09の操作環境はIntel CPUまたはPowerPC G5、867MHz以上のPowerPC G4、512Mバイトのメモリ(推奨は1Gバイト)などを搭載したMacintoshで、対応OSはMac OS X 10.5.6 Leopard以降だ。価格は、シングルライセンスが8800円、最大5つのライセンスを含んだファミリーパックが1万800円、Mac OS X v10.5.6 LeopardとiLife '09、iWork '09がセットになったMac Box Setが1万8800円(ファミリーパックは2万4800円)となっている。

ht_0901ap02.jpg 店内のMac/MacBookにはiLife '09やiWork '09が導入されており、さまざまな機能を体験できる
ht_0901ap03.jpg iPhoto '09で新たに加わった顔認識機能。顔認識された部分に名前を入力していく
ht_0901ap04.jpg すると、入力した名前ごとにライブラリが整理される

ht_0901ap05.jpg こちらはGoogle マップとiPhoto '09の連動デモ
ht_0901ap06.jpg ジオタグ情報別に画像が集約され、Google マップにバルーンが表示される
ht_0901ap07.jpg 画像ファイルのプロパティを見たところ。地図情報や地名が表示されている

ht_0901ap08.jpg iMovie '09では編集機能が充実した
ht_0901ap09.jpg 右下に用意されたトランジションなどをキャプチャした動画にドラッグ&ドロップするだけで効果が適用される
ht_0901ap10.jpg GarageBand '09のレッスン場面。音声も日本語化されており、字幕は表示されない

ホワイトポリカーボネートボディのMacBookも展示中

 店頭では、今週からユニボディ採用の上位機と同じGeForce 9400M採用のNVIDIAプラットフォームに移行した「13インチMacBook White」の展示が始まっており、来店する人の関心も高いという。同製品発表後から問い合わせが多く、11万4800円というMacBookシリーズで最も安価なこともあり、これからの新生活シーズンで人気を集めそうだ。

 ほかにもiPod touchやiPod nanoも売れ行きが好調で、前者は32Gバイトや16Gバイトといった容量の大きなモデルの人気が高く、後者は女性層を中心にピンクの指名買いが多いとのことだ。


 今週末には、アップルストア銀座の1階で随時iLife '09のイベントが展開される予定で、3階のシアタールームでも各アプリケーションのワークショップが定期的に行われている。体験することで初めてよさを実感できるアップデートが多いiLife '09だけに、気になる人は店頭に足を運んで見てほしい。

ht_0901ap11.jpg ホワイトポリカーボネートの新型MacBookも展示されていた。17インチMacBook Proの姿はなく、入荷時期も未定とのこと
ht_0901ap12.jpg ホワイトポリカーボネートMacBookのシステムプロファイラ。チップセットがGeForce 9400Mになっているのが分かる
ht_0901ap13.jpg iLife '09やMac Box Setのパッケージ。店内のいたるところに置かれていた

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-