ニュース
» 2009年06月05日 17時59分 UPDATE

COMPUTEX TAIPEI 2009 おバカ編:朝は、目玉焼きとHDDのトーストで

COMPUTEX TAIPEIといえばおバカパーツ。まずは朝食気分でICY DOCKの「MB986」シリーズから。

[岩城俊介,ITmedia]

 おバカ──それは最上級のほめ言葉です。

 おバカなことを考えるのも、企画するのも、それを実際に形にしてしまうのも、なんらかの余裕がないと多分できません。そして、それを見る人、使う人、買う人をニヤリとほがらかにさせてくれます。

朝は目玉焼きとHDDのトースト

 まずはICY DOCKの「MB986」シリーズ。同社はHDDケースやストレージエンクロージャといったストレージ関連の製品を手がけるメーカーだ。

 日本で少しとんがったHDDケースといえばセンチュリーの「裸族」シリーズなどが知られるところだが、同社はそれをトースター型にしてしまった。「HDDって食パンっぽい形だろ? だからだよ」とのこと。

photophoto ICY DOCKの「MB986」シリーズ

 だから何なのか重要なところはさっぱり分からないが、3.5インチあるいは2.5インチのベアHDDを最大5基、そのまま“がちゃこん”と差してUSB接続の外付けHDDにできるというものだ。HDDはSerial ATAインタフェースのものに対応する。ドライブは各スロットの下にあるレバーを押し下げて──ファミリーコンピュータのカセットを抜くときの感じで取り外せる。

 「あ、焦げたり、焼けたりしないので安心してね。品質グッドだぜ」


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう