ニュース
» 2010年06月23日 11時43分 UPDATE

東芝、13.3型ワイド液晶内蔵のWebオリジナルノートPC「dynabook RX3W」

東芝は、Core i5/13.3型ワイド液晶を搭載したWeb直販オリジナルモデルとなるノートPC「dynabook RX3W」を発売する。

[ITmedia]
photo dynabook RX3W

 東芝はこのほど、Core i5/13.3型ワイド液晶を搭載したWeb直販オリジナルモデルとなるノートPC「dynabook RX3W」の販売を開始した。価格はOffice未搭載モデルの「PARX3W8MLB10W3」が21万4800円、Office Home and Business 2010 プリインストールモデルの「PARX3W8MLJ10W3」が23万9800円(双方税込み)。

 2010年夏モデルとなるノートPC「dynabook RX3」をベースとした直販オリジナル構成のノートPC。仕様は最上位モデルの「RX3/T9M」をほぼ踏襲するが、WiMAXモジュールは非搭載となっている。

 そのほかの仕様はほぼ同様で、ディスプレイは1366×768ドット表示対応の13.3型ワイド液晶を内蔵。CPUはCore i5-520M(2.4GHz)、メモリは4Gバイト、ストレージは128GバイトSSD、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵。OSはWindows 7 Professionalを導入した。

関連キーワード

ノートPC | dynabook | Core i5 | Windows 7 | SSD


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう