レビュー
» 2010年07月26日 17時00分 UPDATE

レノボのデスクトップPC「Lenovo H320」で“Core i3”を見直す (1/3)

国内の大手PCメーカーでは数が少なくなりつつあるセパレート型デスクトップPC。その領域に積極的に取り組むレノボのバリューモデルで“意外な実力”をチェックした。

[長浜和也(撮影:矢野渉),ITmedia]

高クロック動作のClarkdaleを採用するバリューモデル

kn_lnv320_01.jpg レノボ・ジャパンで唯一のスリムタワー採用モデルとなる「Lenovo H320」

 最近の国内大手メーカー製PCラインアップは、ノートPCに著しくシフトしている感が強い。PC USERでは、「2010年PC夏モデル特集」で、各メーカーが発表した新製品を集中してチェックできるが、ざっと見てもノートPCがほとんどであることが分かる。その少ないデスクトップPCにしても、液晶一体型が主流で、液晶ディスプレイとPC本体が分かれた“セパレートタイプ”は、各ベンダーで1モデルという状況だ。

 そのなかで、レノボ・ジャパンはセパレートタイプのモデルとして「IdeaCentre K320」と「Lenovo H320」を投入している(IdeaCentre K320の詳細は“パワーコントロールスイッチ”付き、Core i7搭載のハイパワーデスクトップ──「IdeaCentre K320」を、Lenovo H320の詳細はCore iシリーズ+外部GPU+HDMI搭載のスリムタワーデスクトップ──「Lenovo H320」を参照のこと)。IdeaCentre K320は、国内のPCメーカーではほぼ絶滅してしまった「ミニタワーPC」で、CPUにCore i7-870(2.93GHz、Turbo Boost Technology有効時で最高3.6GHz)、または、Core i5-750(2.66GHz、Turbo Boost Technology有効時で最高3.2GHz)を搭載して実売価格が8〜11万円。もう1つのデスクトップPC「Lenovo H320」はスリムタワータイプのモデルで、CPUはCore i5-650(3.2GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.46GHz)、もしくは、Core i3-540(3.06GHz)を搭載して、実売価格は7〜8万円となっている。

 スリムタワータイプのLenovo H320シリーズの実売価格が、ミニタワータイプのIdeaCentre K320より低く設定されているのは、その拡張性やデータストレージとして搭載しているHDD容量などを比較(IdeaCentre K320のHDDは最大1Tバイト、Lenovo H320のHDDは500Gバイト)すれば理解できる。

 ただ、微妙なのが搭載するCPUだ。Core i7-870とCore i5-750はLynnfield世代のコアを採用するのに対して、Core i5-650とCore i3-540は最新の32ナノメートルプロセスルールを導入したClarkdale世代のコアを採用している。TDPがCore i7-870とCore i5-750の95ワットから73ワットに減ったにもかかわらず、動作クロックはCore i5-650とCore i3-540が速いという関係だ。

 また、Lenovo H320に搭載されるCore i3-540はTurbo Boost Technologyに対応せず、IdeaCentre K320搭載CPUがクアッドコアという違いがあり、さらに、Core i7-870は8スレッド同時処理が可能であるのに対して、Core i5-750はHyper-Threading Technologyに対応しないため、同時処理スレッド数は、Core i5-650、Core i3-540と同じ4スレッドにとどまる。ただ、3次キャッシュメモリの容量はCore i7-870とCore i5-750が8Mバイトに対して、Core i5-650とCore i3-540は半分の4Mバイトになる。

 なお、Clarkdale世代のモデルはCPUにグラフィックスコアのIntel HD Graphicsを統合しているが、Lenovo H320はGeForce 310搭載グラフィックスカードを組み込んでいる。このGPUは、コアクロック589MHz、メモリクロック790MHz、シェーダクロック1402MHz、統合型シェーダユニットを16基内蔵するDirectX 10.1対応のモデルで、そのスペックは2009年の夏に登場したGeForce 210とほぼ同じになる。

 バリュークラスのスペックを有したGPUとなるが、それでも、CUDA、PureVideoなどに対応するほか、Lenovo H320に搭載されたグラフィックスカードは、映像出力のインタフェースとして、アナログRGBのほかに、HDCP対応のHDMIを備える。ただ、液晶ディスプレイで採用するモデルが多いDVIを持たないため、デジタル出力する場合は、HDMIを利用するか、変換アダプタをユーザーが用意してディスプレイ側のDVIに接続することになる。

kn_lnv320_02.jpgkn_lnv320_06.jpg 評価するのはLenovo H320で下位モデルとなる「Core i3-540」搭載モデル。その動作クロックは3.06GHzと意外と高い(写真=左)。また、グラフィックスはGeForce 310を搭載した専用カードを利用する。その仕様はGeForce 210とほぼ同じだ(写真=右)

kn_lnv320_03.jpgkn_lnv320_04.jpgkn_lnv320_05.jpg 評価機が搭載していたCore i3-540(写真=左)とGeForce 310搭載グラフィックスカード(写真=中央)。マザーボードはIntel H55 Expressチップセットを搭載したオリジナル仕様で、メモリスロットはDDR3対応を4基、拡張スロットはPCI Express x16を1基、同 x1を1基備える。標準構成で空いているのは、メモリスロット2基とPCI Express x1スロットが1基だ(写真=右)

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

PC USER Shopping -PR-